HOME 教育状況公表 令和2年11月24日
⇒#765@レビュー;

ここまできた導電性接着剤技術(目次)

菅沼 克昭. ここまできた導電性接着剤技術 低温実装技術として急浮上 . 工業調査会,.

参照元

講義ノート


出典・引用元


引用・概要・要約・抄訳

ここまできた導電性接着剤技術目次
低温実装技術として急浮上

導電性接着剤の歴史
等方性導電性接着剤IC物性
導電性接着剤構成する材料とキュア1)
接続界面の構造
導電性接着剤用いた実装プロセス技術と応用
異方性導電性フィルムAC
非導電性接着剤による実装
導電性接着剤接続の信頼性
導電性接着剤の各種応用分野とロードマ
ナノペーストインクジェ技術

(1 > 導電性接着剤を構成する材料とキュア
菅沼 克昭, ここまできた導電性接着剤技術 低温実装技術として急浮上, 工業調査会, (2004).

書評・注釈・コメント

関連講義卒業研究-電気化学2004,ペースト1)

○柳沼雅章,…らは2008年に大阪府堺市堺区戎島町4-45-1で開催された第49回電池討論会において炭素導電助材含む電極におけるパーコレーション現象用いたバインダの評価について報告している2)


実験方法 > 材料&試 > 合材 > 銀ペースト,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).

(1実験方法 > 材料&試 > 合材 > 銀ペースト,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(2炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).

科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<!-- 書評 書評 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=765"> ここまできた導電性接着剤技術(目次) </a>
<br/> 菅沼 克昭.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=221"> ここまできた導電性接着剤技術 低温実装技術として急浮上 </a> </cite>.
工業調査会, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=765"> 参照 2009-2-3 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 書評 書評 -->

参考文献( 書籍雑誌URL )


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=765

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.