HOME 教育状況公表 令和3年9月25日
⇒#742@レビュー;

酸化皮膜生成各論

馬場宣良. 電解法による酸化皮膜 . 槇書店,.

参照元

講義ノート


出典・引用元


引用・概要・要約・抄訳

酸化皮膜生成各論

アルムニウムおよびその合金の陽極酸化
マグネシウムの陽極酸化
ベリリウムの陽極酸化
遷移金属元素
4.4.1タンタルの陽極1)
(1 > 4.4.1タンタルの陽極
馬場宣良, 電解法による酸化皮膜, 槇書店, (1996).

書評・注釈・コメント

A. Gunterschらは1934年に電流密度は電場強度の指数に比例高電場機構について電流密度は電場強度の指数に比例実験j=exp(e) 高電場機構 関連講義卒業研究-電気化学2004,アルミニウム|水溶液1) 述べている2)


結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|水溶液,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|水溶液,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(2電流密度は電場強度の指数に比例(高電場機構)
A. Gunterschulze, H. Betz, Z. Phys.,92,367(1934).

科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<ul>
<!-- 書評 書評 書評 酸化皮膜生成各論 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=742"> 酸化皮膜生成各論 </a>
<br/> 馬場宣良.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=25"> 電解法による酸化皮膜 </a> </cite>.
槇書店, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=742"> 参照 2009-1-10 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 酸化皮膜生成各論 書評 書評 書評 -->
</ul>

参考文献( 書籍雑誌URL )


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=742

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.