HOME 教育状況公表 本日
⇒#1378@レビュー;

5.3. X線, p.122

数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録 . 数研出版,.

参照元

講義ノート


出典・引用元


引用・概要・要約・抄訳

X線
陽極 陰極 感光版 連続X線 固有X線 X線CT ブラの条件 格子 格子面間隔 X線構造解析 ラウエ斑点 デバイシェラー コンプトン効果

書評・注釈・コメント

関連書籍
X線1)
X線の粒子性と波動性2)
構造の決定3)
光と電磁波4)
固体状態5)
ペンローズタイルと数学パズル目次6)
超遠近法で解くシャーの秘密 7)

プロ
XRDチャート8)

米沢キャンパス9)の主な装置
無機系測定室10)X線回折装置11)
号館12)X線回折13)
号館14)和泉研究室X線測定・解析室15)16)
17)

物理量
格子定数18)

計算式ブラの反射条件ブラ19)

関連講義
電気化学の庵,ブラウィリアムブラ20)
XRDX線回折21)
ピカッとさいえんす,協力藤森厚裕研究室X線回折測定22)
エネルギー変換化学特論,正極活物質セラミクス23)
特殊実験実習における安全指針24)

XRDチャート25)

動画26)
丁目サイエンス劇場チョコレートバレンタイン
http://a.yamagat…
ピカッとさいえんすゴム
http://a.yamagat…

高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁波(光エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

 > 米沢キャンパス,
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).

3-3307 無機系測定室場所.

X線回折装置
,XD-D1,,(,).

米沢キャ > 9号館(総合教育研究棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).

X線回折
,リガク:RINT,,(,).

米沢キャ > 6号館(機械・高分子棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

6-235 和泉研究室(X線測定・解析室)場所.

X線回折装置R-axis Rapid
,,,(,).

XRD
,UitimaⅣ(RIGAKU),,(,).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > 物理学者 > ブラッグ(ウィリアム・ブラッグ),物理学者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1862).

実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

四丁目サ > チョコレ > 協力:藤森厚裕研究室/X線回折測定,チョコレートとバレンタイン
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).

エネルギ > 【201 > セラミッ > 正極活物質とセラミックス,セラミックス材料~正極活物質と導電助材の働き~(2011_H23)
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

実験・実 > 特殊実験・実習における安全指針,実験・実習における安全の手引
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

四丁目サ > チョコレートとバレンタイン,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).

(1原子と原 > X線
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, p.122, (2006).
(2原子 > X線の粒子性と波動性
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(3金属、イ > 構造の決定
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, , (1998).
(4高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁波(光エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(5 > 固体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, , (198).
(6 > ペンローズ・タイルと数学パズル(目次)
マーチン・ガードナー/一松信, ペンローズ・タイルと数学パズル, 丸善株式会社, , (1992).
(7超遠近法で解くエッシャーの秘密

, ,0,1(2007).
(8XRDチャート,角度,X線強度, (プロット).
(9 > 米沢キャンパス,
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).
(10) 3-3307 無機系測定室場所.
(11X線回折装置
,XD-D1,,(,).
(12米沢キャ > 9号館(総合教育研究棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).
(13X線回折
,リガク:RINT,,(,).
(14米沢キャ > 6号館(機械・高分子棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).
(15) 6-235 和泉研究室(X線測定・解析室)場所.
(16X線回折装置R-axis Rapid
,,,(,).
(17XRD
,UitimaⅣ(RIGAKU),,(,).
(18格子定数 a / m.
(19ブラッグの反射条件(ブラッグ式), (計算).
(20高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > 物理学者 > ブラッグ(ウィリアム・ブラッグ),物理学者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1862).
(21実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(22四丁目サ > チョコレ > 協力:藤森厚裕研究室/X線回折測定,チョコレートとバレンタイン
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).
(23エネルギ > 【201 > セラミッ > 正極活物質とセラミックス,セラミックス材料~正極活物質と導電助材の働き~(2011_H23)
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(24実験・実 > 特殊実験・実習における安全指針,実験・実習における安全の手引
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).
(25XRDチャート,角度,X線強度, (プロット).
(26四丁目サ > チョコレートとバレンタイン,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).

科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<li> <a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1378"> 5.3. X線, p.122 </a> <br/> 数研出版編集部. <cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=137"> 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録 </a> </cite>. 数研出版, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1378"> 参照 2013-3-21 </a> ) . </li>


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1378

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.