🏠
🌡️ 📆 令和6年7月24日
⇒#1263@レビュー;

光を電気に変える有機薄膜

山下和男・木谷皓. 導電性有機薄膜の機能と設計 . 協立出版,.
#🗒️👨‍🏫薄膜#🗒️👨‍🏫励起子#🗒️👨‍🏫塩化ナトリウム#🗒️👨‍🏫チャージキャリア#🗒️👨‍🏫アクセプター#🗒️👨‍🏫バンドモデル#🗒️👨‍🏫ホッピング機構#🗒️👨‍🏫トンネル機構#🗒️👨‍🏫縮退半導体

参照元

講義ノート:


書評・注釈・コメント

【関連講義】エネルギー変換化学特論,有機分子と分子トランジスタ1)

【関連書籍】
よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)2)
高校数学でわかる半導体の原理(目次)3)
電気伝導性の理論4)
導電性高分子のはなし(目次)5)
エレクトロニクスと電気化学6)
バンドの占有7)
固体バンドの理論8)
分子軌道法(目次)9)
図説量子化学 : 分子軌道への視覚的アプローチ(目次)10)

エネルギ > ã€ï¼’01 > æœ‰æ©Ÿææ–™ > æœ‰æ©Ÿåˆ†å­ã¨åˆ†å­ãƒˆãƒ©ãƒ³ã‚¸ã‚¹ã‚¿,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1エネルギ > ã€ï¼’01 > æœ‰æ©Ÿææ–™ > æœ‰æ©Ÿåˆ†å­ã¨åˆ†å­ãƒˆãƒ©ãƒ³ã‚¸ã‚¹ã‚¿,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(2 > ã‚ˆãã‚ã‹ã‚‹æœ€æ–°åŠå°Žä½“の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(3 > é«˜æ ¡æ•°å­¦ã§ã‚ã‹ã‚‹åŠå°Žä½“の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(4 > é›»æ°—伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(5 > å°Žé›»æ€§é«˜åˆ†å­ã®ã¯ãªã—(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(6 > ã‚¨ãƒ¬ã‚¯ãƒˆãƒ­ãƒ‹ã‚¯ã‚¹ã¨é›»æ°—化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(7金属、イ > ãƒãƒ³ãƒ‰ã®å æœ‰
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(8金属、イ > å›ºä½“バンドの理論
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(9 > åˆ†å­è»Œé“法(目次)
広田穣著, 分子軌道法, 裳華房, (1999).
(10 > å›³èª¬é‡å­åŒ–å­¦ : 分子軌道への視覚的アプローチ(目次)
大野公一, 山門英雄, 岸本直樹共著, 図説量子化学 : 分子軌道への視覚的アプローチ, 裳華房, (2002).

引用・概要・要約・抄訳

光を電気に変える有機薄膜

縮退半導体

分子性結晶(固体)は供給結合によって生成した分子が弱いファンデルワールス分子間力によって凝集した分子集合体です。

チャージキャリアの生成

有機結晶や塩化ナトリウムではフレンケル型の励起子となり、ゲルマニウイム、シリコン、酸化銅などの励起子はモット-ワネル型の励起子です。

有機分子の多くがp型の半導体となるのは、空気中の酸素分子が膜中に取り込まれ、それが電子アクセプターとして作用する結果、正孔が多数キャリアとなるためと説明されます。

チャージキャリアの移動

トンネル機構、ホッピング機構、バンドモデルなどが提出されています。

出典・引用元

type=7,id=0

他の著作物の一部分を自由に掲載するためには、以下の条件 を満たす必要があります。これらは著作権法の第32条(引用)と 第48条(出所の明示)に基づきます。 1 )

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。

2 )

<ul>
<!-- 書評 書評 書評 光を電気に変える有機薄膜 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1263"> 光を電気に変える有機薄膜 </a>
<br/> 山下和男・木谷皓.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=374"> 導電性有機薄膜の機能と設計 </a> </cite>.
協立出版, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1263"> 参照 2011-7-16 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 光を電気に変える有機薄膜 書評 書評 書評 -->
</ul>


【関連講義】エネルギー変換化学特論,有機分子と分子トランジスタ1)

【関連書籍】
よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)2)
高校数学でわかる半導体の原理(目次)3)
電気伝導性の理論4)
導電性高分子のはなし(目次)5)
エレクトロニクスと電気化学6)
バンドの占有7)
固体バンドの理論8)
分子軌道法(目次)9)
図説量子化学 : 分子軌道への視覚的アプローチ(目次)10)

エネルギ > ã€ï¼’01 > æœ‰æ©Ÿææ–™ > æœ‰æ©Ÿåˆ†å­ã¨åˆ†å­ãƒˆãƒ©ãƒ³ã‚¸ã‚¹ã‚¿,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1エネルギ > ã€ï¼’01 > æœ‰æ©Ÿææ–™ > æœ‰æ©Ÿåˆ†å­ã¨åˆ†å­ãƒˆãƒ©ãƒ³ã‚¸ã‚¹ã‚¿,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(2 > ã‚ˆãã‚ã‹ã‚‹æœ€æ–°åŠå°Žä½“の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(3 > é«˜æ ¡æ•°å­¦ã§ã‚ã‹ã‚‹åŠå°Žä½“の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(4 > é›»æ°—伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(5 > å°Žé›»æ€§é«˜åˆ†å­ã®ã¯ãªã—(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(6 > ã‚¨ãƒ¬ã‚¯ãƒˆãƒ­ãƒ‹ã‚¯ã‚¹ã¨é›»æ°—化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(7金属、イ > ãƒãƒ³ãƒ‰ã®å æœ‰
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(8金属、イ > å›ºä½“バンドの理論
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(9 > åˆ†å­è»Œé“法(目次)
広田穣著, 分子軌道法, 裳華房, (1999).
(10 > å›³èª¬é‡å­åŒ–å­¦ : 分子軌道への視覚的アプローチ(目次)
大野公一, 山門英雄, 岸本直樹共著, 図説量子化学 : 分子軌道への視覚的アプローチ, 裳華房, (2002).
<%nExtID=1263:szRefType="book":szRefHeadLine="山下和男・木谷皓,導電性有機薄膜の機能と設計,協立出版,光を電気に変える有機薄膜(1988)"%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


出版物

表   1 出版物
種類 例
非定期刊行物 図書 ・書籍 ・ 学位論文 ・抜刷り・学校教科書
定期刊行物 新聞・雑誌( 学術論文)・年鑑
そのほか 楽譜、 カレンダー、番組表、 地図

著作物 の著作権は、著者にあります。 しかし、著作物を出版した場合、出版物の著作財産権は、著者ではなく、出版社に帰属することが多いです。


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1263
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.