HOME 教育状況公表 本日
⇒#389@卒論;
2008 修士論文

交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研    西俣 樹

リチウムヨウ素電池 2007 2008 2009



液晶の高速応答性の評価 …は…ことが知られている1)

液晶誘電率交流インピーダンス
X線CT顕微鏡装置2)

2008年度平成20卒業研究3)

Nishim…らは2008年にヒルトンイアンヴィレ米国ホノルル 開催された214th Meeting of ECS おいてStudy on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement techniqueについて報告している4)

2007年度平成19卒業研究5)

○西俣 ,…らは2007年に福岡県福岡市で開催された第48回電池討論会においてククロフトウォルトン回路用いた組電池マネージメントシステムの最適化について報告している6)
学会48回電池討論会福岡県福岡7)

○西俣 ,…らは2007年に山形大学 小白川キャンパス山形県山形市小白川町1-4-12開催された平成19年度 化学系学協会東北大会において液晶材料組成比における誘電率異方性Δεの比較について報告している8)
学会平成19年度 化学系学協会東北大会山形9)

液晶物質10)

後輩にれぎ11)

関連講義卒業研究-電気化学2004,組み電池とテリーマネージメント12)



年間計画 > イベント > 発展実験 > 発展実験 > 液晶の高速応答性の評価,発展実験2007
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

X線CT顕微鏡装置
,,,(,).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique
Nishimata tatsuki, Shishido michiaki,Tachibana kazuhiro,Nishina tatsuo,Ishikawa norio,Kakemizu ryuji,Takano joji,Watanabe nao,Kurita yasuo,Hashiizume kenichi,214th Meeting of ECS 講演要旨集 (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

コッククロフト・ウォルトン回路を用いた組電池マネージメントシステムの最適化
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,第48回電池討論会講演要旨集 (2007).

【学会】第48回電池討論会@福岡県福岡市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).

【学会】平成19年度 化学系学協会東北大会@山形
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > 液晶物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 組み電池とバッテリーマネージメント,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1年間計画 > イベント > 発展実験 > 発展実験 > 液晶の高速応答性の評価,発展実験2007
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(2X線CT顕微鏡装置
,,,(,).
(3緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(4Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique
Nishimata tatsuki, Shishido michiaki,Tachibana kazuhiro,Nishina tatsuo,Ishikawa norio,Kakemizu ryuji,Takano joji,Watanabe nao,Kurita yasuo,Hashiizume kenichi,214th Meeting of ECS 講演要旨集 (2008).
(5緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(6コッククロフト・ウォルトン回路を用いた組電池マネージメントシステムの最適化
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,第48回電池討論会講演要旨集 (2007).
(7【学会】第48回電池討論会@福岡県福岡市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(8液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).
(9【学会】平成19年度 化学系学協会東北大会@山形
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(10実験方法 > 材料&試 > 液晶物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(11液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件の最適化
楡木 崇仁, 卒業論文, (2008).
(12緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 組み電池とバッテリーマネージメント,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).


実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 西俣 樹. <q><cite> </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,修士論文, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=227'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=227</a>, (参照 <time datetime="2018-6-24">2018-6-24</time>). </article> </li>


修士論文 ©Copyright  2008   西俣 樹,  山形大学  All rights reserved.