HOME 教育状況公表 本日
⇒#948@講義;

  電圧計の基本操作とアッテネータの作成


この 講義 無機・分析化学基礎実験 の単元です。 この講義(電圧計の基本操作とアッテネータの作成)の親単元は 実験 です。

初版
総合図説化学学習1)折込照して電圧電流測定基本理解する新訂物理図解学習電気磁気-電流電気抵抗電気磁気-直流回路2)なども考にできる
テスター電圧モードして測定端子短絡ショートしたとき表示電圧0であること確認し電池使用するテスター場合は電池消耗していないこと確認する高入力インピーダンスタイプテスターでは測定端子短絡しないと電圧0ならないことがある
テネータ(ATTENUATOR)減衰器などと呼ばれ電圧分割信号測定範囲拡大増幅器利得調整などに用いられる減衰率はdb(デシベル)で表現されることもあり本実験のように抵抗2本の簡単なものから高周波対応や高精度タイプ市販品まで様々な種類がある
半田ごてに頬近づけほんのり温かみ感じる程度であること確認する半田付けの目的は導電性の確保部品固定銅箔のめっきであること念頭において能穴空き基板* フォーミング* した抵抗* 取り付けテネータ* 作成する抵抗値は5 k?と10 k?とする端子取り出す部分はダミージャンパー* 作り* みの虫コード接続出来るようにするテネータ両端に入力信号して単3電池繋ぎ各々の抵抗の両端で電圧測り電圧分割されていること確認する窓口では分割された電圧小さい方出力信号して扱う電池ような比較的変動の少ない電圧アナログテスターで読み取るときは最小目盛の1/10まで読み取るデジタルテスター電圧読み取るときは最後の桁の変化が±なるようにし表示時間長い値測定値とするいずれの場合もしっかりと探針確実に測定個所に接触させる
得点(20)作成したテネータ窓口へ持って行き入力電圧および出力電圧測定してみせる

(1巻末付録
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
(2直流回路
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=948'> <q><cite> 電圧計の基本操作とアッテネータの作成 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=7853'> 無機・分析化学基礎実験 <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=948'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=948 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-8-12">2020-8-12</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=948

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.