HOME 教育状況公表 令和4年7月3日
⇒#4702@講義;

  LiBのインピーダンス測定による解析法

立花和宏
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

リチウムイオン電池のインピーダンス測定による解析法 では、 「LiBのインピーダンス測定による解析法」について 述べられています ⇒#4702@講義;。

初版

インピーダンス Z 〔Ω測定すれば何でもかんでもわかるわけではないしかしながら測定されたインピーダンスから様々な情報が得られることも事実であるさらにインピーダンス以外の情報と組み合わせることでさらに電池の理解が深まることもあるここ測定されたインピーダンスからどのような情報が得られどの情報と組み合わせることによってそのようにその情報が活用できるかについて議論する

https://www.toyo…

インピーダンスは周波数の関数である

電池は非線形デバイスある電圧と電流は比例しないし電圧電気量も比例しないそこにきてインピーダンス測る理由はなんだろうか?電池の劣化は内部抵抗 R 〔Ω増加と言っていい劣化の原因は数多くあれど最終的に電池はその内部抵抗によって電流が取り出せなくなるしたがって電池の診断は内部抵抗の測定である

 電池の内部抵抗と過電圧
©Copyright 2018 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

大雑把に言って内部抵抗 R 〔Ω界面抵抗 R 〔Ω·m²溶液抵抗 R 〔Ωの和だ反応抵抗 R 〔Ω·m²と_がある溶液抵抗 R 〔Ω抵抗率セル定数決まる抵抗率導電率逆数導電率概ね電解質濃度と移動度掛けたものだ電解質濃度放電伴いリチウムイオン枯渇して小さくなる移動度は溶媒が粘性増して小さくなる接触抵抗活物質膨張収縮伴い接触緩み接触面積小さくなって大きくなるこうして電池は内部抵抗が大きくなり寿命迎える

 分解曲線
©Copyright 2018  all rights reserved.

電池の評価法~交流インピーダンス法1)

 リアクタンスとサセプタンス
©Copyright 2018  all rights reserved.


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl4702' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4702'> ◇ </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> LiBのインピーダンス測定による解析法 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4702'> <q><cite> LiBのインピーダンス測定による解析法 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11321'> リチウムイオン電池のインピーダンス測定による解析法 <a/a> 講義ノート, 2018.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4702'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4702 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-7-3">2022-7-3</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4702


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.