HOME 教育状況公表 本日
⇒#4573@講義;

  活物質と導電助剤の配合比

立花和宏, 仁科辰夫
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(活物質と導電助剤の配合比)の親単元は 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~ です。

初版

導電助剤導電助材集電体と活物質電子的につなぐ役割果たすしたがって集電体と導電助剤の接続集電体から活物質までの電子導電経路の形成活物質導電助剤接続みっつについて考察する

正極活物質は酸化剤である正極活物質極論すれば酸素金属カチオンピン止めしたようなものである当然イオン結合である電子流したとしても微々たるものだ活物質反応するには活物質表面電解液接して反応サイト形成されるとともにそこへの電子の供給路持たねばならない電子の供給路の機能担うのが導電材だ導電材しては炭素材料が使われる反応サイト活物質の表面に接触した導電材料の稜線だコンタクトラインも呼ばれるコンタクトライン分な長さ持てば導電材料の量は少なくてよい活物質表面導電材料が海島構造持ちコンタクトライン複雑にうねっていればコンタクトラインの長さは大きくなる正極スラリーの分散塗布乾燥による自己組織化が期待される理由がここにあるコンタクトライン長短による違いはあれどおおむね活物質の表面積に応じた導電材料が必要だ

空隙率 x 〔

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 活物質と導電助剤の配合比 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2017. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4573'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4573 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-16">2019-10-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4573

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.