HOME 教育状況公表 本日
⇒#4488@講義;

  ガラス細工

http://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/C1/Ncv.aspx?vol=12&nVideoCutID=35

この 講義 ピカッとさいえんす の単元です。 この講義(ガラス細工)の親単元は 氷とガラス です。

初版
ガラスにはいろいろな種類があります

へえそうなんですか!

般的によく使うのはソーダガラスふちが緑色に見えるガラスですね
ガラスや瓶に使います透明度の高いクリスタルガラスいうのもあります
これから使うのはパイレクスガラス耐熱ガラスともいいます
グラタン皿なんかに使われるガラスです

なるほど

ここで問題氷は解けるとどうなりますか?

水になります

ピンポンそして全部解けないときは解け残った氷と水がいっしょに混ざっていますよね

そうですね…もしかしてガラスはちがうんですか?

はいでは早速実験してみましょう

ガラス細工直管つなぎT字管(風船 
ガラス切断引き伸ばしなど
ガラス熱するとだんだんと柔らかくなっていきのような溶け方しないこと強調
工程説明しながら鎌田さん体験

氷とちがってガラスはだんだんやわらかくなるだけで
ある温度で急に液体になったりしないんですね?

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> ガラス細工 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11124'> ピカッとさいえんす <a/a> 講義ノート, 2016. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4488'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4488 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-26">2019-8-26</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4488

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.