HOME 教育状況公表 本日
⇒#4447@講義;

  時計のカンギ車

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Museum/MuseumGuideBook.asp

この 講義 山形大学工学部 の単元です。 この講義(時計のカンギ車)の親単元は 機械科展示室(教室) です。


振り子の等時性はずいぶん前に発見されたが原理だけでは実用化にならない実用化するために必要なのは動力定間隔で振れる振り子に同期させて伝達することそれやってのけるのがガンギ車だ

イギリスは正確な時計技術持ってスペインの無敵艦隊破り世界へ進出していった

濃度の表し方と慣例的な単位?1メートル、1キログラム、1秒をイメージできますか?ー1)
◆振り子の等時性
周期 T 〔s2×円周率 π 〔×長さ  〔m÷自由落下の標準加速度 g 〔m/s2


 > 濃度の表し方と慣例的な単位?1メートル、1キログラム、1秒をイメージできますか?ー,
仁科 辰夫,無機化学基礎, 講義ノート, (2016).

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> . <q><cite> 時計のカンギ車 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11131'> 山形大学工学部 <a/a> 講義ノート, 2016. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4447'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4447 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-6-18">2018-6-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4447

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.