HOME 教育状況公表 本日
⇒#355@講義;

0209.  古河電池株式会社いわき事業所-その1

http://www.furukawadenchi.co.jp/

この 講義 仁科先生の工場見学ルポ の単元です。 この講義(古河電池株式会社いわき事業所-その1)の親単元は 特になし です。

初版
電池工場の見学鉛蓄電池ラインニッケル・カドミウム電池ライン見学しましたありがとうございました
電池活物質粉体の製造から鋳型集電体の連続鋳造といろいろ勉強になりました

日時200529() 13:00~17:00
場所古河電池いわき事業所(見学場所自動車電池工場アルカリ電池工場)
出席古河電池 志賀章中野様古川様江黒様

http://www.furuk…

    山形大学 仁科辰夫助教授立花和宏助教延末憲コーディネータ
田中良樹(M1)大木信典(B4)田中智(B4)佐藤和美(M1)

1. 会社説明,技術開発部活動説明
 自動車用鉛電池
  電池シェア海外輸入が20%古河電池20%と高いシェア誇っている
サルフェション除去の研究も行っている
ここ10電池エネルギー密度は変わっていないが寿命耐久性は2,3倍にはなっている
正極にBa添加したPb-Ca-Sn合金の開発行っている
 Li-ion電池
はやぶさ1)搭載リチウムイオン電池の容量劣化最小限にするためシミュレーション行って比較したところシミュレーションとほぼ致していた
リチウムイオン電池はSOC(Stage of charge)が高くなるほど容量劣化が促進される

2. 工場見学
 Ni-Cd電池工場
電解液にはLiOHとKOH混合したもの用いている
100%満充電しても劣化しない
Niの焼結体作る際にはH,COガス中で行っている

Pb電池工場
正極4Nの鉛インゴした後ボールミル粉砕して粒径小さくし ている

関連講義
お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,島津創業記念資料館2)
鉛蓄電池3)


高等学校 > 高校工業 > 技術史 > 2003~2010:小惑星探査衛星はやぶさ,技術史
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).

ミュージ > 歴史(産 > 島津創業記念資料館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > 鉛電池 > 鉛蓄電池,鉛電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1高等学校 > 高校工業 > 技術史 > 2003~2010:小惑星探査衛星はやぶさ,技術史
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).
(2ミュージ > 歴史(産 > 島津創業記念資料館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).
(3緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > 鉛電池 > 鉛蓄電池,鉛電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 古河電池株式会社いわき事業所-その1 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11028'> 仁科先生の工場見学ルポ <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=355'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=355 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-21">2019-9-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=355

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.