HOME 教育状況公表 本日
⇒#3512@講義;

  接触界面における高分子化合物(バインダー)の存在がなぜ電池性能に影響するのか?

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 アルミニウムアノード酸化皮膜と高分子化合物の接触界面における電気化学 の単元です。 この講義(接触界面における高分子化合物(バインダー)の存在がなぜ電池性能に影響するのか?)の親単元は (null) です。

初版
接触界面における高分子化合物バインダー存在がなぜ電池性能に影響するのか?

アルミニウムの表面は電解液中のアニオンと反応して不働態皮膜形成しておりその表面は極性表面といえますテフロン炭素材料ように著しく極性の小さい材料はそのままではくっつきませんよしんば無理やり押し付けたとしてもイオンがうじゃうじゃいる電解液にひたせば当然アニオンの方がくっつきやすく炭素材料がはらりとはがれてしまうことになります

アルミニウムの表面に沸騰水処理など施して非極性にしてファン・デル・ワールス力使えば炭素材料くっつきやすくすることもできます般には双極子モーメントの大きいPVdF使ってくっつけます

○本田,…らは2011年にで開催されたにおいてリチウム電池サイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダー選択について報告している1)


関連書籍
バインダー2)
電気双極子3)


リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

(1リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(2 > バインダー
金村聖志, 自動車用リチウムイオン電池, 日刊工業新聞社, (2010).
(3分子間相 > 電気双極子
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 接触界面における高分子化合物(バインダー)の存在がなぜ電池性能に影響するのか? </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11236'> アルミニウムアノード酸化皮膜と高分子化合物の接触界面における電気化学 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3512'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3512 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-7-18">2019-7-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3512

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.