HOME 教育状況公表 本日
⇒#3445@講義;

  電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 リチウムイオン二次電池の劣化メカニズムと解析技術 の単元です。 この講義(電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム)の親単元は リチウムイオン二次電池の劣化メカニズムと解析技術 です。

初版
非可逆過程

 デバイスとしての電池の劣化
  保存期間における劣化充電操作よる劣化
  化学的変化伴う劣化物理的な劣化


物質変化組成電位
ストレージ特性平衡論的議論
自己放電
サイクル特性速度論的議論
活物質劣化不均化反応の不可逆性溶解
導電助材劣化インターカレーション不可逆性
集電体劣化腐食溶解
電解液劣化酸化還元
界面劣化新規反応析出物リチウム高分子化合物不動態皮膜空隙への新規物質浸透ガス電解液
主反応あるいは副反応による形態変化圧力体積
密度の変化容積分率の充放電深さ依存性チェ格子定数変化押さえる

電流効率1)と過電圧2)
電流密度3)

容積分率4)格子定数5)モル体積6)

関連講義リチウムイオン次電池の正極集電体,安全性信頼性向上のための電極電解液界面設計制御劣化機構解析7)

リチウム > 安全性・信頼性向上のための電極/電解液界面の設計・制御と劣化機構解析,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

(1電流効率( [パーセント].
(2過電圧(over voltage [ボルト].
(3電流密度(current density [アンペア毎平方メートル].
(4容積分率( [分率].
(5格子定数(lattice constant [メートル].
(6モル体積( [立方メートル毎モル].
(7リチウム > 安全性・信頼性向上のための電極/電解液界面の設計・制御と劣化機構解析,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3445'> <q><cite> 電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11221'> リチウムイオン二次電池の劣化メカニズムと解析技術 <a/a> 講義ノート, 2010.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3445'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3445 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-5-26">2020-5-26</time>). </article> </li>
<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3445

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.