HOME 教育状況公表 本日
⇒#2990@講義;

  電極類と標準電池


この 講義 無機・分析化学応用実験 の単元です。 この講義(電極類と標準電池)の親単元は 器具 です。

初版
電極グループ各実験台に2
項目 数量 形状 確認
電極×Cu/Cu2+1)イヤ2φ×40前処理必要
亜鉛電極×Zn/Zn2++)2)イヤ2φ×40前処理必要
電極3)×Fe/Fe2+4)イヤ1.45φ×40前処理必要
ケル電極5)×Ni/Ni2+イヤ2φ×40前処理必要
アルミニウム電極×Al/Al3+イヤ2φ×40前処理必要
ステンレス電極 Fe-Cr-Ni(SUS304) イヤ1.5φ×40前処理必要
電極6)×塩化銀電極7)イヤ2φ×40前処理必要
白金電極 Pt イヤ0.5φ×40やすり不可
黒鉛電極 C シャープペンの芯(2B)
Al-PET 50cm2 Al やすり前処理必要
Fe-PET 50cm2 Fe やすり前処理必要
Cu-PET 50cm2 Cu やすり前処理必要
ウェストン電池 窓口 Cd(Hg)/CdSO4
8/3H2O/Hg2SO4/Hg カドミウム標準電池ケージ
窓口に実物展示
(実験ではダニエル電池用いる)

関連講義無機化学実験,無機化学実験20098)

関連書籍
電気磁気9)
電気磁気10)


 > 無機化学実験(2009),
仁科 辰夫,無機化学実験, 講義ノート, (2009).

(1)   Cu2+ + 2e- =   Cu, E = 0.34 V, (反応-125).
(2)   Zn2+ + 2e- =   Zn, E = -0.7626 V, (反応-3).
(3IronFe, FW = 55.847 g/mol, (化学種).
(4)   Fe2+ + 2e- =   Fe, E = -0.44 V, (反応-139).
(5ニッケルnickelNi, FW = 58.69 g/mol, (化学種).
(6SilverAg, FW = 107.868 g/mol, (化学種).
(7)   AgCl + e- =   Ag + Cl-, E = 0.2223 V, (反応-14).
(8 > 無機化学実験(2009),
仁科 辰夫,無機化学実験, 講義ノート, (2009).
(9 > 電気と磁気
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(10 > 電気と磁気
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 電極類と標準電池 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=9230'> 無機・分析化学応用実験 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2990'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2990 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-18">2019-10-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2990

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.