HOME 教育状況公表 本日
⇒#2954@講義;

  スラリーの塗布・乾燥技術と電極性能評価

http://www.science-t.com/seminar/B091124.htm

この 講義 リチウムイオン二次電池電極の調整・塗布乾燥技術 の単元です。 この講義(スラリーの塗布・乾燥技術と電極性能評価)の親単元は (null) です。

初版
リチウムイオン次電池電極の調整塗布乾燥技術

スラリーの塗布乾燥技術と電極性能評価

主催S&T
日時 20091124() 10:3016:50
会場 東京代田区駿河台 総評会館 5F 502会議
http://www.scien…

1 理想的な電極
1-1 リチウム電池電極内部の電気の流れ
1-2 電極構造と電池性能の関係
1-3 コンポジ電極と活物質
1-4 活物質単独での評価方法とオーミ接触1)
1-5 集電体導電助材役割2)

2 電極スラリーの調整
2-1 材料粉体特性と電極性能の関係
2-2 活物質表面への溶媒吸着スラリー中での分散性能3)
2-3 炭素導電助材への溶媒吸着スラリー中での分散性能4)
2-4 スラリー乾燥過程における活物質と導電助材接触5)
2-5 スラリーの分散状態と電極性能の関係6)

3 塗布乾燥後の電極性能
3-1 導電助材へのバインダー被覆と電池性能7)
3-2 活物質へのバインダー被覆電池性能8)
3-3 集電体へのバインダー被覆電池性能9)
3-4 スラリー中に残存する界面活性剤と電池性能10)
3-5 正極活物質の種類と集電体界面の密着性11)


リチウムイオン電池電極スラリー調整分散技術12)

技術者研究者のための生涯学習13)
関連講義卒業研究-電気化学2004,セミナー200914)
技術者研究者のための生涯学習15)


リチウム二次電池における正極集電体アルミニウム酸化皮膜の電子伝導性と炭素の機能
○立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).

液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).

バインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係
立花 和宏 , ○柳沼 雅章 , 仁科 辰夫 , 長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).

炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).

リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).

有機エネルギーデバイス集電体界面接触抵抗に及ぼすバインダの等電点の効果
○中井大輔, 立花和宏, 仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏 ,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > セミナー2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1おりびん
渡邉 貴太, 修士論文, (2010).
(2リチウム二次電池における正極集電体アルミニウム酸化皮膜の電子伝導性と炭素の機能
○立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).
(3液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(4液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析(仮)
森田 茉季, 卒業論文, (2010).
(5リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).
(6バインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係
立花 和宏 , ○柳沼 雅章 , 仁科 辰夫 , 長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).
(7炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).
(8リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).
(9有機エネルギーデバイス集電体界面接触抵抗に及ぼすバインダの等電点の効果
○中井大輔, 立花和宏, 仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(10リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(11リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏 ,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(12リチウムイオン電池電極スラリーの調整・分散技術,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2009).
(13技術者・研究者のための生涯学習プロジェクト.
(14緒言(C > C1履歴 > 【200 > セミナー2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(15技術者・研究者のための生涯学習プロジェクト.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> スラリーの塗布・乾燥技術と電極性能評価 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11188'> リチウムイオン二次電池電極の調整・塗布乾燥技術 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2954'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2954 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-24">2019-10-24</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2954

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.