HOME 教育状況公表 本日
⇒#2503@講義;

  シュレーディンガー方程式


この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(シュレーディンガー方程式)の親単元は 方程式 です。

初版
19261)に提出された波動関数ポテンシャルの関係表した偏微分方程式2)半導体バンド理論などに使います3)4)

波動関数の場所に関する偏微分×π×電子の静止質量5)÷プランク定数6)×電子の全エネルギーポテンシャルエネルギー7)×波動関数

原子原子核分子中の原子核配置結晶中の原子核配置によってポテンシャルエネルギー境界条件が設定されますその条件で上記満たす波動関数は電子の全エネルギーが特定の値持つときに限られます

すなわちこの方程式は電子のエネルギーが飛び飛びに量子化されている観察事実表現するのに優れたものといえますこのとびとびのエネルギー準位こと軌道オービタル呼びます


関連講義
量子化学基礎,授業量子化学基礎20088)
電気化学の庵,マイスナー効果9)
シュレーディンガー10)
エネルギー変換化学特論, pn接合過電圧センサー11)

書籍
大学数学の基礎目次12)
原子の構造13)
現代物理学14)
分子軌道法目次15)

1920s,現代
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

シュレーディンガー方程式,方程式
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

授業参観:量子化学基礎(2008),
伊藤 和明, 量子化学基礎, 講義ノート, (2008).

マイスナー効果,原理と法則
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

シュレーディンガー,科学者・学者・医者
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

第6講 pn接合と過電圧、センサー,2007年(平成19)エネ変
立花 和宏, エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

(11920s,現代
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(2シュレーディンガー方程式,方程式
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(3非直線抵抗
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(4高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(5 = 9.10938188E-31電子の静止質量キログラム, (物理量).
(6h = 6.62602876E-34プランク定数Plank Constantジュール秒, (物理量).
(7V静電ポテンシャルジュール, (物理量).
(8授業参観:量子化学基礎(2008),
伊藤 和明, 量子化学基礎, 講義ノート, (2008).
(9マイスナー効果,原理と法則
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(10シュレーディンガー,科学者・学者・医者
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(11第6講 pn接合と過電圧、センサー,2007年(平成19)エネ変
立花 和宏, エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).
(12大学数学の基礎(目次)
石原繁, 大学数学の基礎, 裳華房, (1999).
(13原子の構造
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (1981).
(14現代物理学
小出昭一郎著, 物理学, 裳華房, (1997).
(15分子軌道法(目次)
広田穣著, 分子軌道法, 裳華房, (1999).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> シュレーディンガー方程式 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2503'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2503 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-18">2019-9-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2503

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.