HOME 教育状況公表 本日
⇒#2376@講義;

  リチウムイオン二次電池の高速充放電化と電極構造の最適化


この 講義 リチウムイオン二次電池の正極集電体 の単元です。 この講義(リチウムイオン二次電池の高速充放電化と電極構造の最適化)の親単元は リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価 です。

初版
1 電動車両向けリチウムイオンバテリーの開発状況と今後の展望
     〜材料構造設計エネルギー密度向上〜
10:3012:10>>
エナクス() 米沢研究 藤谷 直子 

2 リチウムイオン次電池の高速充放電化と電極構造の最適化
13:0014:40>>
山形大学 大学院 理工学研究科 准教授 立花 和宏 

専門研究内容
アルミニウムアノード酸化リチウムイオン次電池の正極集電体など基礎界面現象の学術的研究

3 リチウムイオン次電池の発熱挙動の測定解析
14:5016:30>>
豊橋技術科学大学 名誉教授 客員教授 恩田 和夫 

専門研究内容
 エネルギー変換工学固体高分子燃料電池固体酸化物燃料電池リチウムイオン次電池ケル水素次電池コロナ放電脱硝酸化炭素放電励起レーザ電磁流体力学発電などの研究開発に従事

講演リチウムイオン次電池の高速充放電化と電極構造の最適化1)

高速充放電−デバイスとしての電池
電池起電力
電池の充電と放電
電池内部抵抗電圧降下
電池の反応と過電圧
副反応と発熱による安全性の低下
電池キャパシタ違い
反応速度の非線形性と競合反応
電流と物質の輸送速度
過渡応答特性とインピーダンス

電極の構造−それぞれの材料の役割と形態が与える機能
電池の容量と導電経路
活物質と物質輸送
導電助材バインダ2)
集電体と接触抵抗
電解液と導電率
セパレータと絶縁破壊

最適化−高速充放電可能にする構造とは?
副反応の抑制
バルクの厚み薄く面積大きく
固体の接触と液体濡れ
電流集中と接触抵抗
粒径と比表面積
断面積と界面の表面積違い
接触面積表面積違い

********************************************
   サイエンステクノロジー株式会社
   Science&Technology Co.,Ltd
〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-14 KAMONビル2F
■URL http://www.scien…
********************************************

2008113)

【講演】リチウムイオン二次電池の高速充放電化と電極構造の最適化
立花和宏, 研究ノート, (2008).

バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

2008年11月
立花和宏, 研究ノート, (2008).

(1【講演】リチウムイオン二次電池の高速充放電化と電極構造の最適化
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(2バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(32008年11月
立花和宏, 研究ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> . <q><cite> リチウムイオン二次電池の高速充放電化と電極構造の最適化 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11064'> リチウムイオン二次電池の正極集電体 <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2376'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2376 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-10-19">2018-10-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2376

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.