HOME 教育状況公表 本日
⇒#11064@シラバス;

リチウムイオン二次電池の正極集電体

2009-5-21 
http://kbweb3.kj.yamagata-u.ac.jp/2004/html/2004_05_10002.html


このシラバス10347 科目 として開講されています。


概要

リチウムイオン二次電池の性能は正極活物質負極活物質だけで支配されるわけではない電池の性能向上には活物質電解液集電体導電助剤結着材といった構成要素の組み合わせの最適化が必要である特に電池正極充電時に過酷な高電位アノード分極下にさらされても劣化しない特性要求される本講座では電池構成する要素組み合わせと電極の構造と電池性能の関係についてリチウムイオン二次電池正極集電体中心に論ずる

1)2)3)
リチウムイオン二次電池正極構造電池性能4)
高速充放電実現するリチウムイオン二次電池電極構造の最適化5)
東洋アルミ講演6)
電池7)
リチウムイオン二次電池アルミニウム集電体電池合材の界面設計8)
講演技術情報協会セミナー東京都港区9)



【講演】新技術説明会@東京都千代田区
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

EDLC集電体としてのアルミニウムの不働態皮膜とその表面接触抵抗
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

【講演】リチウムイオン二次電池の_技術情報協会セミナー@東京都港区
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

(1㈱技術情報協会 セミナー 会議.
(2【講演】新技術説明会@東京都千代田区
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(3EDLC集電体としてのアルミニウムの不働態皮膜とその表面接触抵抗
立花 和宏, 研究ノート, (2006).
(4リチウムイオン二次電池の正極構造と電池性能
立花 和宏, ㈱技術情報協会 セミナー , (2004).
(5高速充放電を実現するリチウムイオン二次電池の電極構造の最適化
立花 和宏, 新技術説明会, (2005).
(6東洋アルミ講演会会議.
(7緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(8リチウムイオン二次電池のアルミニウム集電体/電池合材の界面設計,,etc,,
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2013).
(9【講演】リチウムイオン二次電池の_技術情報協会セミナー@東京都港区
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11064

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.