HOME 教育状況公表 本日
⇒#1466@講義;

  安全性・信頼性向上のための電極/電解液界面の設計・制御と劣化機構解析

立花和宏
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 リチウムイオン二次電池の正極集電体 の単元です。 この講義(安全性・信頼性向上のための電極/電解液界面の設計・制御と劣化機構解析)の親単元は リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価 です。

初版
講演安全性信頼性向上のための電極電解液界面設計制御劣化機構解析東京1)

信頼性アイテムが与えられた条件で規定の期間中要求された機能果たすことができる性質

信頼度アイテムが与えられた条件で規定の期間中要求された機能果たす確率

故障アイテムが規定の機能失うこと

劣化故障には至らないがアイテム機能分になること

安全性システムの破壊や機能喪失が人命に危険及ぼさない性質

テリーマネージメントシステムセルケージ制御回路

セル正極端子セパレータ電解液負極端子

正極2)集電体活物質導電助材

関連講義卒業研究-電気化学2004,セミナー20073)


【講演】安全性・信頼性向上のための電極/電解液界面の設計・制御と劣化機構解析@東京
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

リチウム > リチウム > 電池電極の構成要素,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > セミナー2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

(1【講演】安全性・信頼性向上のための電極/電解液界面の設計・制御と劣化機構解析@東京
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(2リチウム > リチウム > 電池電極の構成要素,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).
(3緒言(C > C1履歴 > 【200 > セミナー2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 安全性・信頼性向上のための電極/電解液界面の設計・制御と劣化機構解析 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11064'> リチウムイオン二次電池の正極集電体 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1466'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1466 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-23">2019-9-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1466

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.