HOME 教育状況公表 本日
⇒#1934@講義;

  協力:藤森厚裕研究室/X線回折測定

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/yonezawa-ncv-010.htm

この 講義 ピカッとさいえんす の単元です。 この講義(協力:藤森厚裕研究室/X線回折測定)の親単元は チョコレートとバレンタイン です。

初版
XRD

http://polyweb.y…
http://masuko.yz…
http://polyweb.y…
号館1)
機能高分子工学2)

偏光顕微鏡
偏光顕微鏡 OLYMPUS BH-2, Linkam H-600 加温装置
走査型電子顕微鏡
JEOL製 走査型電子顕微鏡 JSM-5300
顕微赤外分光計
HORIBA製 顕微FTIR FT-520
原子間力顕微鏡
SEIKO製 原子間力顕微鏡 SPA-300
X線回折
リガク RAD-rA
リガク R-AXIS RAPID
示差走査熱量計
SEIKO製DSC-200, TA-station-SSC-500
Perkin-Elmer製DSC Pyris1
固体粘弾性測定装置
レオロジ FT-レオスペクトラ DVE-V4
LB膜作成装置
協和界面科学社製FACE

関連講義
卒業研究-電気化学2004,XRDX線回折3)
卒業研究-電気化学2004,X線回折XRD4)

動画5)
丁目サイエンス劇場チョコレートバレンタイン
http://c1.yz.yam…



米沢キャ > 2号館(高分子棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > X線回折 > XRD(X線回折),X線回折(XRD)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > X線回折(XRD),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

四丁目サ > チョコレートとバレンタイン,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).

(1米沢キャ > 2号館(高分子棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).
(2機能高分子工学科所属.
(3実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > X線回折 > XRD(X線回折),X線回折(XRD)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > X線回折(XRD),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(5四丁目サ > チョコレートとバレンタイン,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 協力:藤森厚裕研究室/X線回折測定 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11124'> ピカッとさいえんす <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1934'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1934 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-3-23">2019-3-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1934

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.