HOME 教育状況公表 本日
⇒#1629@講義;

  高等学校学習指導要領(化学)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301d/990301f.htm

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(高等学校学習指導要領(化学))の親単元は 高校化学 です。

初版
化学I1)
化学II2)

考書籍3)4)

1 物質構成
化学役割や物質の扱い方理解させるとともに物質対する関心高め物質探究する方法身に付けさせるまた物質構成粒子観察実験など通して探究し基本的な概念理解させ物質ついて微視的な見方ができるようにする
物質人間生活
化学その役割
物質探究
物質構成粒子
原子分子イオン
物質量
物質構成に関する探究活動
2 物質種類性質
無機物質と有機化合物の性質や変化観察実験など通して探究し物質関する基本的な概念や法則理解させるとともにそれら日常生活と関連付けて考察できるようにする
無機物
単体
化合物
有機化合物
炭化水素
官能基含む化合物
物質種類性質関する探究活動
3 物質の変化
反応熱酸と塩基反応酸化還元反応観察実験など通して探究し基本的な概念や法則理解させるとともに化学反応エネルギー出入りと関連付けて考察できるようにする
化学反応
反応熱
塩基中和
酸化と還元
物質の変化関する探究活動

1 物質構造化学平衡
気体液体固体性質観察実験など通して探究し化学結合概念物質構造理解させるまた反応速度化学平衡観察実験など通して探究し化学反応平衡関連付けて理解させる
物質構造
化学結合
気体法則
液体固体
化学平衡
反応速度
化学平衡
2 生活物質
日常生活と関係の深い食品や衣料プラスチ金属セラミクス観察実験など通して探究しそれらの性質や反応理解させ身の回りの物質について科学的な見方ができるようにする
食品衣料化学
食品
衣料
材料化学
プラスチ
金属セラミクス
3 生命物質
生命構成する物質生命現象関係する化学反応医薬品肥料観察実験など通して探究しそれらの性質や利用について理解させ化学成果が日常生活に役立っていること認識させる
生命の化学
生命構成する物質
生命維持する化学反応
薬品化学
医薬品
肥料
4 課題研究
化学ついての応用的発展的な課題設定し観察実験など通して研究行い化学的に探究する方法や問題解決の能力身に付けさせる
特定の化学的事象に関する研究
化学発展させた実験に関する研究

高等学校学習指導要領
http://www.mext.…
(1化学I,山形大学進学コース高等科,etc,データベースアメニティ研究所,(高校新課程)
仁科 辰夫, シラバス, (2005).
(2化学II,山形大学進学コース高等科,etc,データベースアメニティ研究所,(高校新課程)
仁科 辰夫, シラバス, (2005).
(3総合図説化学
佐野博敏、花房昭静, 第一学習社, (1995/03/01).
(4目次-視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> 高等学校学習指導要領(化学) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1629'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1629 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-27">2019-6-27</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1629

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.