HOME 教育状況公表 令和3年4月17日
⇒#1566@講義;

  耐電圧とエネルギー


大容量キャパシタ では、 「 キャパシタに要求される機能 」 の中で、 「耐電圧とエネルギー」について 述べられています ⇒#1566@講義;。

初版
耐電圧エネルギー

微分容量1)電圧かけて耐電圧2)まで積分したものとなります

EDLC絶縁破壊電圧電気分解起きる電圧ですキャパシタ蓄えられるエネルギー耐電圧自乗比例しますから耐電圧大きくすることは重要です

EDLC場合耐電圧炭素電解液界面おける電気分解過電圧ひとつの目安となります集電体アルミニウム電解液界面腐食起きない限りバリア型の皮膜が形成されます

キャパシタ耐電圧電解液電位窓3)

リチウムイオン次電池の正極構造設計戦略について4)

電池キャパシタ容量Qとエネルギー5)

キャパシタの耐電圧と電解液の電位窓,大容量キャパシタの構成部材と要求される機能
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2007).

電池とキャパシタの容量QとエネルギーE,
立花 和宏, 集電体に求められる電気化, 講義ノート, (2005).

(1C微分容量defferential capacityファラッド, (物理量).
(2Vb耐電圧withstand voltageボルト, (物理量).
(3キャパシタの耐電圧と電解液の電位窓,大容量キャパシタの構成部材と要求される機能
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2007).
(4リチウムイオン二次電池の正極構造設計戦略について
立花 和宏, 古河電池講演会, (2005).
(5電池とキャパシタの容量QとエネルギーE,
立花 和宏, 集電体に求められる電気化, 講義ノート, (2005).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


平常演習 Web Class

課外報告書 Web Class



<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1566'> ◇ </a>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1566'> <q><cite> 耐電圧とエネルギー </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11136'> 大容量キャパシタ <a/a> 講義ノート, 2007.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1566'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1566 </a> ,  (参照 <time datetime="2021-4-17">2021-4-17</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1566

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.