HOME 教育状況公表 本日
⇒#11136@シラバス;

大容量キャパシタ

-- 
http://syllabus-web.yamagata-u.ac.jp/2006/html/2006_05_10002.html


このシラバス10313 科目 として開講されています。


概要

タイトル大容量キャパシタ
スーパーキャパシタは登録商標なので避けたほうが無難では?

次電池とキャパシタと切り分けについて述べキャパシタ概観し特に電気重層キャパシタに要求される機能と構成部材との関係電気化学的な評価方法について解説する

次電池とキャパシタ1)
次電池とキャパシタの構造と電極の設計
次電池とキャパシタの類似点と相違点
キャパシタの種類と電気重層キャパシタ
ハイブリッドキャパシタアシンメトリックキャパシタ
シュードキャパシタ

キャパシタに要求される機能2)
耐電圧エネルギー
静電容量エネルギー
等価直列抵抗と漏れ電流
キャパシタインピーダンスと高出力化
サイクル特性と信頼性安全性

●大容量キャパシタの構成部材と要求される機能3)
キャパシタの容量と炭素材料の電極面積
キャパシタの耐電圧と電解液の電位窓
キャパシタの高出力化と内部抵抗集電体の接触抵抗
バインダサイクル特性

●大容量キャパシタの電気化学的評価4)
サイクリクボルタモグラム使った解析
クロノポテンショメトリー使った耐電圧と等価直列抵抗
クロノアンペロメトリー使った漏れ電流評価
交流インピーダンス法による周波数領域の解析


要求特性として  安全性耐久性導電抵抗高出力化
電極に関する質問として  電極設計出力特性関係製造方法乾燥


講演
20075) 講演大容量キャパシタ東京御茶6)

関連講義

EDLC集電体としてのアルミニウム不働態皮膜その表面接触抵抗7)
講演電池東京8)
講演リチウムイオン次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム9)



二次電池とキャパシタ,
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2008).

キャパシタに要求される機能,
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2008).

大容量キャパシタの構成部材と要求される機能,
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2008).

大容量キャパシタの電気化学的評価,
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2008).

2007年8月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【講演】リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム
立花和宏, 研究ノート, (2004).

(1二次電池とキャパシタ,
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2008).
(2キャパシタに要求される機能,
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2008).
(3大容量キャパシタの構成部材と要求される機能,
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2008).
(4大容量キャパシタの電気化学的評価,
立花 和宏, 大容量キャパシタ, 講義ノート, (2008).
(52007年8月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(6【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(7EDLC集電体としてのアルミニウムの不働態皮膜とその表面接触抵抗
立花 和宏, 2005年電気化学秋季大会, (2005).
(8【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(9【講演】リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム
立花和宏, 研究ノート, (2004).

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11136

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.