HOME 教育状況公表 本日

炭素導電助材を圧着したアルミニウム電極を用いたリチウム二次電池駆動用電解液の分解挙動

\
〔ログイン〕
Youzan

炭素打ち込み電極
高電場機構(HFM)による皮膜生成に対応した電流平坦部が観察される2サイクル目はほとんど電流が流れない

●導電助剤による不働態皮膜への導電性付与はもともと存在する皮膜欠陥部に炭素が接触して与えられる
グラファイト用いるとアニオンインターカレーション反応が起きる
PCDME溶媒中の方が炭素電解液界面溶媒酸化分解起こりにくい
PCDME溶媒中では導電助剤にグラファイトよりもアセチレンブラ用いた方が溶媒の酸化分解による活物質が劣化が起こりにくい1)

↑これはアセチレンブラの方が酸化分解が進んだ結果電流流しにくくなったためと考えられる

電気化学会第68回大会兵庫県神戸2)

圧着 導電助材 アルミニウム 集電体

関連講義
2000年度平成12卒業研究3)
導電助材4)
導電助材|電解液5)
カーボン材料|溶媒6)
打ち込み電極7)
学会発表20018)
アルミニウム|酸化皮膜|炭素導電助材9)



【実験】グラファイトとアセチレンブラック
立花 和宏, 研究ノート, (2001).

電気化学会第68回大会@兵庫県神戸市
立花 和宏, 研究ノート, (2001).

緒言(C > C1履歴 > 【2000年度(平成12)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2000).

実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|電解液,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材 > カーボン材料|溶媒,導電助材|電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 電極 > 打ち込み電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2001@C1,【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニ > アルミニウム|酸化皮膜|炭素導電助材,アルミニウム|炭素導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1【実験】グラファイトとアセチレンブラック
立花 和宏, 研究ノート, (2001).
(2電気化学会第68回大会@兵庫県神戸市
立花 和宏, 研究ノート, (2001).
(3緒言(C > C1履歴 > 【2000年度(平成12)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2000).
(4実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(5結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|電解液,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材 > カーボン材料|溶媒,導電助材|電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(7実験方法 > 電極 > 打ち込み電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(8緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2001@C1,【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).
(9結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニ > アルミニウム|酸化皮膜|炭素導電助材,アルミニウム|炭素導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@MeetingView.asp?nMeetingID=71

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.