HOME 教育状況公表 本日

高速充放電マンガン酸リチウム電池に使うスラリー電極の最適設計

\
〔ログイン〕
Youzan

藤らは金集電体に活物質であるマンガンリチウム電池打ち込み活物資のみの性能のハーフセルで評価し見かけの比誘電率が高いマンガンリチウムがCレートが高いこと報告しているしかし比誘電率高いマンガンリチウムスラリー混錬アルミニウム塗工して電池組むとその性能が失われる.そこで本研究では高速充放電マンガンリチウム電池に使うスラリー最適設計について報告する
アルミニウム原箔と相互拡散層処理施したアルミニウム箔に高いレート特性示すマンガンリチウム含むスラリー塗工して電解セル組みCV測定したところ相互拡散層処理アルミニウムほうが内部抵抗が低減したまたスラリーに含まれるPVDFの割合1%から10%に増量することで内部抵抗が半分になった


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@MeetingView.asp?nMeetingID=387

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.