HOME 教育状況公表 本日

Liイオン電池集電体用高強度アルミ箔と正極材料の接触抵抗への評価

\
〔ログイン〕
Youzan

急速充電のためのリチウムイオン次電池のアルミニウム集電体と合材の接触抵抗は数mΩ/m以下になるそのような低抵抗電圧降下よって接触抵抗評価する場合その溶液抵抗や対極の過電圧の影響補償するのが困難となるそこでアルミニウム集電体予め皮膜生成することで恣意的に接触抵抗増大させ合材の接触抵抗への影響高精度に評価すること目的した

伸也さんのデータで発表予定;ストーリー作る
リチウムイオン次電池の正極にはアルミニウムが使われているアルミニウムは軽い金属であり小型軽量化のためには外せない金属であるそのアルミニウムに中でどのアルミニウムが適切なのか評価するために内部抵抗や接触抵抗測定し比較した


材料カーボンナノチューブ1)


(1@ > 無機材料 > 炭素材料 > カーボンナノチューブ
カーボンナノチューブ, (材料).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@MeetingView.asp?nMeetingID=364

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.