HOME 教育状況公表 本日
⇒#3905@講義;

  標準偏差は,σ_{n} または,σ_{n-1}のどっちをつかうの?

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~) の単元です。 この講義(標準偏差は,σ_{n} または,σ_{n-1}のどっちをつかうの?)の親単元は 研究室基礎実験・歓迎実験 です。

初版
あれあれエクセル使って楽しようとしたら標準偏差の関数がつあるなぁーーどっちつかえばよいんだろう???

なんか研究室にあった本になんだか説明が書いてあったなぁ1)

関連書籍
分散標準偏差2)
母集団標本3)
(1 > 分散と標準偏差
縄田和満著, Excelによる統計入門, 朝倉書店, (1997).
(2 > 分散と標準偏差
縄田和満著, Excelによる統計入門, 朝倉書店, (1997).
(3 > 母集団と標本
長谷川勝也著, Excelで学ぶ統計学入門, 技術評論社, (1998).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 標準偏差は,σ_{n} または,σ_{n-1}のどっちをつかうの? </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11062'> 卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~) <a/a> 講義ノート, 2012. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3905'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3905 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-16">2019-6-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3905

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.