HOME 教育状況公表 本日
⇒#3652@講義;

  微粒子の水系分散技術とリチウムイオン電池電極材料への適用

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 リチウム二次電池用水系バインダーの作用機構と選択・使用法 の単元です。 この講義(微粒子の水系分散技術とリチウムイオン電池電極材料への適用)の親単元は (null) です。

初版
微粒子の水系分散技術リチウムイオン電池電極材料への適用

山形大学 大学院 理工学研究科 バイオ化学工学分野 准教授 木俣 光正
講座の趣旨
般的な微粒子の特性について理解していただくとともに微粒子が水に分散したスラリー分散性についての評価法や効果的な分散手法について概説するこれらの手法電極材料適用していただきたい


微粒子分散安定性とは?
 1-1 粒子の大きさ微粒子
 1-2 スラリーおよびコロイドの定義と種類
 1-3 粒子間に働く力付着
 1-4 スラリーの安定性DLVO理論

分散安定性の評価方法
 2-1 微粒子表面と溶媒の親和性
 2-2 分散界面活性剤高分子の吸着
 2-3 微粒子沈降法による分散性評価市販装置の紹介
 2-4 ゼータ電位測定による分散性評価

スラリーの最適な分散安定化技術
 3-1 粒子の帯電による分散効果クーロン
 3-2 高分子の吸着効果レオロジー制御
 3-3 ビーズミルにおけるスラリー分散安定化事例

関連講義エネルギー変換化学特論,化学工学リチウム電池分散スラリー作成と塗布乾燥~1)

エネルギ > 【201 > 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1エネルギ > 【201 > 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 微粒子の水系分散技術とリチウムイオン電池電極材料への適用 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11246'> リチウム二次電池用水系バインダーの作用機構と選択・使用法 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3652'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3652 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-19">2019-10-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3652

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.