HOME 教育状況公表 本日
⇒#3377@講義;

  協力:木島龍郎研究室

http://bio.yz.yamagata-u.ac.jp/L_kijima.html

この 講義 ピカッとさいえんす の単元です。 この講義(協力:木島龍郎研究室)の親単元は 圧力・温度・触媒~クロスカップリング反応~ です。

初版
高圧化学
触媒
ノーベル白金懐炉
オートクレーブ

酵素は生体触媒なので生体細胞外で使おうとするとしばしば厄介な問題に直面します今回取り上げている酵素は仕事触媒反応する時に補酵素という助っ人が必要で生体内次々と供給してもらえますが生体外では人間が与えなくてはいけません 補酵素は非常に高価であるためリサイクル使用が必須ですが我々は補酵素(NAD)フェロセンという電気受渡ししてくれる物質結合させた修飾補酵素合成電極補酵素リサイクル実現させた電気駆動型酵素反応系の研究行っていますこの反応系にアゾ分解酵素組込んだものはアゾ染料インディゴ染料分解ジーンズ生地など傷めずに脱色する手段として応用が可能ですまたこの反応系は酵素変えることで様々な反応に対応が可能でありアルコール酸化還元乳酸の分解など汎用性が高いことも特徴のつです

当研究室では有機合成核にバイオテクノロジー駆使して『有用物質の生産』と『生物機能の応用』目的した生物駆動型テクノロジー開発目指しており酵素微生物といった生体触媒高度利用から生物機能の模倣技術まで広い意味での新規な有機合成技術の開発行っています


http://bio.yz.ya…

物質化学工学1)
(1物質化学工学科所属.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 協力:木島龍郎研究室 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11124'> ピカッとさいえんす <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3377'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3377 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-17">2019-6-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3377

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.