HOME 教育状況公表 本日
⇒#3329@講義;

0004.  安全と品質管理~モノは人類を幸福にできるか?~(2011)

立花和宏
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 技術者倫理 の単元です。 この講義(安全と品質管理~モノは人類を幸福にできるか?~(2011))の親単元は 技術者倫理(2011) です。

初版
モノは人類幸福にできるか?
職業倫理 生命倫理 情報倫理
顧客 消費者 生産者
職業としての技術者
商売
個人の利得とコストメリリスク
リスク トレードオフ プロフェショナル コンプライアンス アセスメント PL法

交通事故 転倒事故 実験事故
アルコール気飲み事故


http://campus3.k…

テキスト
人と技術と環境1)
品質管理のしくみ2)
安全意味すること3)

関連講義
品質管理, 品質管理と品質保証4)
技術者倫理,これからのEngineerの課題と責任20105)
安全工学6)

関連書籍
機長の危機管理 何が生死分けるか7)
事故はこうして始まった!-ヒューマンエラー恐怖-8)
リスクの評価と工学倫理9)
事故防止と安全作業10)
有機系実験室の事故失敗11)


品質管理 > 2007 > 第5講 品質管理と品質保証,2007(平成19)年度―品質管理
立花 和宏,品質管理, 講義ノート, (2007).

技術者倫 > これからのEngineerの課題と責任(2010),技術者倫理(2010)
立花 和宏,技術者倫理, 講義ノート, (2009).

(1 > 人と技術と環境
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, p.8, (2002).
(2 > 品質管理のしくみ
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, , (2004).
(3 > 「安全第一」が意味すること
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, , (2004).
(4品質管理 > 2007 > 第5講 品質管理と品質保証,2007(平成19)年度―品質管理
立花 和宏,品質管理, 講義ノート, (2007).
(5技術者倫 > これからのEngineerの課題と責任(2010),技術者倫理(2010)
立花 和宏,技術者倫理, 講義ノート, (2009).
(6安全工学,,etc,,
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2011).
(7機長の危機管理 何が生死を分けるか
桑野偕紀 前田壮六 塚原利夫, 講談社, (2002).
(8事故はこうして始まった!-ヒューマンエラーの恐怖-
S.ケイシー著・赤松幹之訳, 化学同人, (1995).
(9各論 技 > リスクの評価と工学倫理
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, , (2006).
(10 > 事故防止と安全作業
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, p.15, (2002).
(11 > 有機系実験室の事故、失敗
田中陵二, 実験室の笑える笑えない!事故実例集, 講談社サイエンティフィク, , (2001).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 安全と品質管理~モノは人類を幸福にできるか?~(2011) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11211'> 技術者倫理 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3329'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3329 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-21">2019-10-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3329

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.