🏠
🌡️ 📆 令和6年4月25日
⇒#3074@講義;

👨‍🏫   熱物性


電気化学の庵 では、 「 温度とエントロピー(熱エネルギー) 」 の中で、 「熱物性」について 述べられています ⇒#3074@講義;。

📆 初版
#書籍

物質の物性値:熱伝導率1)、比熱2)、ガラス転移点3)熱膨張係数4)

【関連書籍】
高分子の物性5)
熱的物性6)

【関連講義】ピカッとさいえんす,協力:高橋一郎研究室/熱物性パラメータ測定7)

【動画】8)
四丁目サイエンス劇場「芋煮会」
http://c1.yz.yam…


四丁目サ > é£Ÿæ¬²ã®ç§‹ > å”力:高橋一郎研究室/熱物性パラメータ測定,食欲の秋、芋煮会♪~熱の移動~
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

四丁目サ > é£Ÿæ¬²ã®ç§‹ã€èŠ‹ç…®ä¼šâ™ªï½žç†±ã®ç§»å‹•ï½ž,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

(1熱伝導率  [W/(m・K)(ワット毎メートル毎ケルビン)].
(2比熱  [・((無次元))].
(3ガラス転移点  [K(ケルビン)].
(4熱膨張係数  [1/K(毎ケルビン)].
(5 > é«˜åˆ†å­ã®ç‰©æ€§
井本稔, 井本立也著, 高分子化学の基礎, 大日本図書, (1968).
(6材料物性 > ç†±çš„物性
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, (1986).
(7四丁目サ > é£Ÿæ¬²ã®ç§‹ > å”力:高橋一郎研究室/熱物性パラメータ測定,食欲の秋、芋煮会♪~熱の移動~
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(8四丁目サ > é£Ÿæ¬²ã®ç§‹ã€èŠ‹ç…®ä¼šâ™ªï½žç†±ã®ç§»å‹•ï½ž,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl3074' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3074'> 👨‍🏫 </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> 熱物性 </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3074'> <q><cite> 熱物性 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2010.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3074'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3074 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-4-25">2024-4-25</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3074
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.