HOME 教育状況公表 本日
⇒#2930@講義;

  3―電池性能と材料物性および界面特性の関係

立花和宏
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 リチウムイオン電池の高変換率・高出力化 の単元です。 この講義(3―電池性能と材料物性および界面特性の関係)の親単元は (null) です。

初版
開催テーマリチウムイオン電池の高変換率高出力化 仮称
主催日本テクノセンター03-5322-5888
日時20101713:0017:00Hr
89:3014:30 Hr合計Hrのご講演コマ
会場日本テクノセンター研修室 東京都新宿区西新宿丁目7-1 新宿第生命ビル 22F


電池性能と材料物性および界面特性の関係

電極中のバルク界面
集電体金属中の電子伝導1)
バルク物性としての電子伝導とイオン伝導
界面におけるオーミ接触ショトキー接触
不定比化合物半導体ノンストイキオメトリー2)
粒子形態に伴う電流集中の効果
バルクの導電率界面の接触抵抗デバイス内部抵抗3)
集電体と導電助材の接触抵抗4)5)
静電容量と表面積内部抵抗断面積6)
集電体の表面処理の効果7)8)
導電助材の表面処理による効果9)10)
溶媒分子吸着に伴う活物質導電率変化11)

関連講義Liイオン次電池の高速充放電技術,電池性能支配する電極中のバルクと界面12)

リード溶接によるアルミニウム集電体の有機電解液におけるブレークダウン電圧の降下とその抑制
田中智,表面技術協会第114回講演大会講演要旨集 (2006).

リチウムイオン二次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるパワーの非対称性
原 啓,第47回電池討論会講演要旨集 (2006).

EDLCモデル電極におけるアルミニウム集電体と炭素合材の接触抵抗の算出とその電流依存性
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).

リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).

高速充放電のためのリチウムイオン二次電池の正極アーキテクチャ
○立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第44回電池討論会講演要旨集, pp.400-401 (2003).

EDLC集電体アルミニウムの表面処理と炭素の塗布条件の違いが急速充放電に及ぼす影響
立花和宏,○及川文成,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,2005年電気化学秋季大会講演要旨集 (2005).

リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウムの表面処理が合材との界面接触抵抗に及ぼす影響
佐藤和美,及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).

炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化
○渡邉貴太,立花和宏, 仁科辰夫,電気化学会第76回大会講演要旨集 (2009).

 > 2―電池性能を支配する電極中のバルクと界面,
立花 和宏,Liイオン二次電池の高速, 講義ノート, (2009).

(1リード溶接によるアルミニウム集電体の有機電解液におけるブレークダウン電圧の降下とその抑制
田中智,表面技術協会第114回講演大会講演要旨集 (2006).
(2リチウムイオン二次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるパワーの非対称性
原 啓,第47回電池討論会講演要旨集 (2006).
(3内部抵抗 R / Ω.
(4EDLCモデル電極におけるアルミニウム集電体と炭素合材の接触抵抗の算出とその電流依存性
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).
(5リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).
(6高速充放電のためのリチウムイオン二次電池の正極アーキテクチャ
○立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第44回電池討論会講演要旨集, pp.400-401 (2003).
(7EDLC集電体アルミニウムの表面処理と炭素の塗布条件の違いが急速充放電に及ぼす影響
立花和宏,○及川文成,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,2005年電気化学秋季大会講演要旨集 (2005).
(8リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウムの表面処理が合材との界面接触抵抗に及ぼす影響
佐藤和美,及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).
(9炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).
(10結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(11イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化
○渡邉貴太,立花和宏, 仁科辰夫,電気化学会第76回大会講演要旨集 (2009).
(12 > 2―電池性能を支配する電極中のバルクと界面,
立花 和宏,Liイオン二次電池の高速, 講義ノート, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 3―電池性能と材料物性および界面特性の関係 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11185'> リチウムイオン電池の高変換率・高出力化 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2930'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2930 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-19">2019-9-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2930

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.