HOME 教育状況公表 本日
⇒#2760@講義;

6  第6講 光エネルギーと光触媒

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(第6講 光エネルギーと光触媒)の親単元は 【2009年(平成21)エネ変】 です。

初版
エネルギー光触媒

ミクロな立場とマクロな立場

計算
電気量1)×電圧2)アボガドロ定数3)×プランク定数4)×振動数5)

●光エネルギー6)から
エネルギーから電気エネルギーへの変換7)
エネルギーから熱ヘネルギーへの変換8)
エネルギーから化学エネルギーへの変換9)

関連講義
エネルギー変換化学特論, 電位分布電流分布 アルミニウム電流電位曲線10)
卒業研究-電気化学2004,色素増感太陽電池の最前線11)
お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,KSPテクノプラザ 光触媒ミュージアム12)

書籍
電気化学13)太陽電池14)
光電気化学15)

関連プロ
ポテンシャルエネルギー曲線16)
エネルギーバンド17)

エネルギ > 光エネルギーから電気エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

エネルギ > 光エネルギーから熱ヘネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2009).

エネルギ > 光エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

エネルギ > 2009 > 第5講 電位分布、電流分布、 アルミニウムの電流電位曲線,2009年(平成21)エネ変
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).

緒言(C > 研究室( > 2001 > 2007 > 色素増感太陽電池の最前線,2007年、仁科辰夫教授昇任
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

ミュージ > 科学館( > KSPテクノプラザ 光触媒ミュージアム,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

(1電気量(electricityC [クーロン].
(2電圧(voltageV [ボルト].
(3アボガドロ定数(Avogadoro constantNA = 6.02214199E+23 [毎モル].
(4プランク定数(Plank Constanth = 6.62602876E-34 [ジュール秒].
(5振動数(ν [ヘルツ].
(6光エネルギー(energy of lightE [ジュール].
(7エネルギ > 光エネルギーから電気エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(8エネルギ > 光エネルギーから熱ヘネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2009).
(9エネルギ > 光エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(10エネルギ > 2009 > 第5講 電位分布、電流分布、 アルミニウムの電流電位曲線,2009年(平成21)エネ変
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).
(11緒言(C > 研究室( > 2001 > 2007 > 色素増感太陽電池の最前線,2007年、仁科辰夫教授昇任
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(12ミュージ > 科学館( > KSPテクノプラザ 光触媒ミュージアム,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(13 > 電気化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(14電気化学 > 太陽電池
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(15 > 光電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(16ポテンシャルエネルギー曲線,長さ,位置エネルギー, (プロット).
(17エネルギーバンド,エネルギー,距離, (プロット).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 第6講 光エネルギーと光触媒 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2760'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2760 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-23">2019-10-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2760

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.