HOME 教育状況公表 本日
⇒#2728@講義;

  【【【 注意 】】】 インフルエンザとパンデミック―WHO警告レベル5―

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

この 講義 無機工業化学 の単元です。 この講義(【【【 注意 】】】 インフルエンザとパンデミック―WHO警告レベル5―)の親単元は 無機工業化学の関連科目 です。

初版
山形大学における新型インフルエンザ感染ついて1)

下記のURLご覧下さい

http://www.yamag…


インフルエンザウイルスは潜伏期間が短く発症前に感染持つウイルス放出する恐れがあります2)ヒトよりモノ警戒しましょう弱毒性と言ってもタミフル備蓄には限りがあります感染で混血ウイルスが発生するとキャチボール感染の恐れもでてきます

自分が感染しないことは相手に感染させないことまずは個人ですぐできることからはじめましょう

まず今すぐ目の前のマウスキーボードアルコール除菌しましょう!それから財布の小銭部屋の電源スイドアノブ机…など他人が触れるもの除菌しましょう!

お出かけの前に除菌タイプウェトティシュ携帯しましょう!ATMのチパネル券売機のチパネルエスカレータの手すり電車のつり革店内用買い物カゴなどなど不特定多数が触れる場所はじかに触れずにウェトティシュ拭いてからボタンなどはウェトティシュ指にかぶせてから触れるのもいいかもしれません

体外にでたウイルスは単なるモノです大腸菌などとちがって体外で勝手に増殖することはありません自分で移動する力もありません汚染拡大しないこと!それにつきます

パンデミ感染爆発がはじまったら日で世界中に蔓延するとの試算があります3)WHOの警戒水準引き上げのペース200927フェーズ29フェーズとまさにその様相呈していますクチンの開発は数ヶ月必要とするため絶対に間にあいません

今すぐ感染しないさせないための対応

※掲示板ブログお持ちの方で啓蒙活動にご協力くださる方は遠慮なく上記内容コピペしてください

※詳しくは厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.…



上記は接触感染に対する対策です発症者が少ない場合は間接接触による接触感染の確率が高いと思われます通常インフルエンザの潜伏期間は日ですすでに身近に感染している人が存在している可能性があります

飛沫感染に対してはマスクかける他人からメートル以上離れるなどの対策が有効です

ウイルスが体外に出ると数分間から数時間感染失うと考えられています感染持ったウイルス耳に入れないことが大切です

空気感染は科学的根拠が薄いとされています

ホームページは平均して時間200人程度のアクセスありますそのうち%の人がチパネルぬぐってくれるだけで大きな効果が期待できますリアルウイルスミーム知恵の戦いです教育に携わる者としてウイルス蔓延より先に知恵が浸透すること願っています



インフルエンザとはインフルエンザウイルスによって引き起こされる疾病インフルエンザの流行で人畜共通感染症としも危険視されています4)5)6)

インフルエンザウイルスエンベロープにはウイルスが宿主細胞への吸着するときスパイク果たすヘマグルチニンインフルエンザウイルスの増殖したウイルスが独立するときター果たすノイラミターゼという酵素がありますともに膜脂質重層上にくっついておりシアル酸のレセプターターなっています

A型インフルエンザこのマグルチニンノイラミターゼが多彩の上抗原がとても変化しやすいため大流行引き起こしやすいのですちなみに1968年のホンコンカゼ1957年に流行したアジアカゼトリA型インフルエンザの遺伝子組み換えで誕生したことがわかっています

トリからヒトジャンプしたウイルスであることが判明していますHはから15までNはからまででありこれまでヒト感染したことがあるのはHでありは人類史上感染の経験がありませんそこでパンデミが危惧されています強毒性の場合の致死率は60%以上と言われています

2009年の豚インフルエンザパンデミ歩手前でではないので弱毒性ということになっていますが1918年のスペイン風邪では記録だけでも2000人が亡くなっておりその年だけ平均寿命が12歳下がっています近年の研究では8000人亡くなっているという報告もあります

現在では航空機自動車よるウイルス運搬により世界に蔓延するまで日と予想されています健康保つには感染防のが番です科学的根拠が薄いとは言え空気感染も否定できませんから必要以上に盛り場などにであるかないことです

※本内容は学生にアクションプランとしての迅速な啓蒙活動行うために厚生労働省のホームページ下記の文献や講演会などの情報もとに再構成して講義で紹介した内容です詳細な情報については次情報ご確認ください


【【【  > 山形大学における新型インフルエンザ感染について,【【【 注意 】】】 インフルエンザとパンデミック―WHO警告レベル5―
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2009).

(1【【【  > 山形大学における新型インフルエンザ感染について,【【【 注意 】】】 インフルエンザとパンデミック―WHO警告レベル5―
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2009).
(2新型インフルエンザ大流行に備える
WW.ギブス、C.ソアレス, 日経サイエンス2006年1月号,0,1(2009).
(3 > 世界史(目次)
篠田謙一、宮崎正勝、岡田春恵、安田喜憲, 一目でポイントがわかる!科学で見る!世界史, 学研, (2008).
(4 > ウイルスと感染のしくみ(目次)
生田哲, ウイルスと感染のしくみ, 日本実業出版社, (1996).
(5インフルエンザウイルスの生態―鳥インフルエンザとパンデミック―
喜田宏, 第114回講演大会講演要旨集,0,351(2006).
(6 > ペット溺愛が生む病気 しのびよる人畜共通感染症
荒島康友, ペット溺愛が生む病気 しのびよる人畜共通感染症, 講談社ブルーバックス, (2002).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Minobu-Town. <q><cite> 【【【 注意 】】】 インフルエンザとパンデミック―WHO警告レベル5― </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11133'> 無機工業化学 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2728'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2728 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-23">2019-9-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2728

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.