HOME 教育状況公表 本日
⇒#2175@講義;

  SQL Server 2005(Microsoft)

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms203721.aspx

この 講義 サイバーキャンパス「鷹山」 の単元です。 この講義(SQL Server 2005(Microsoft))の親単元は 鷹山のデータベースサーバー です。

初版
テーブル分散クエリレプリケーションミラーリング

おそらくSQL-Serverの分散クエリパススルークエリ
当該テキストファイル
リンクテーブル設定するのが正しいのでしょうが
具体的な操作手順まで調べられませんでした

http://msdn.micr…

DTS

SQL Server エージェント ジョブ

Microsoft SQL Server 2005 Integration Services (SSIS) データ ウェアハウジングための抽出変換および読み取り (ETL) ケージ含むパフォーマンス データ統合ソリューション構築するためのプラトフォーム

Integration Services ケージ構築およびデバ行うためのグラフィカル ツールおよびウィザードFTP 操作などのワークフロー機能実行するためのタスクSQL ステートメント実行するためのタスク電子メール セージ送信するためのタスクデータ抽出および読み込み行うためのデータ ソースおよび変換先データクリア集約マージおよびコピーするための変換Integration Services サービス管理するための管理サービスある Integration Services サービスIntegration Services オブジェクト モデルプログラミングするためのアプリケーション プログラミング インターフェイス (API)含まれています

ケージ実行中はSSIS デザイナ [進行状況] タブケージ実行の進行状況が表示されますケージおよびそのタスクおよびコンテナ開始時間と終了時間に加えケージ内で失敗したタスクまたはコンテナ関する情報が表示されますケージ実行が完了した後は[実行結果] タブ実行時情報確認できます詳細については制御フローデバ照してください

SQL Server 2005 Integration Services 非推奨機能
新規 : 2006 4 14

このトピ将来のリリース削除される予定の SQL Server 2005 Integration Services 機能ついて説明します次の機能はSQL Server 2005 まだ使用可能です

SQL Server 2000 データ変換サービス (DTS) オブジェクト モデル
SQL Server 2000 データ変換サービス (DTS) オブジェクト モデル非推奨となっています次に SQL Server リリースされるまでにこのオブジェクト モデル依存しない仕様への変更検討してくださいSQL Server 2000 DTS オブジェクト モデルそのものはSQL Server 2000 および SQL Server 2005 これらのバージョン SQL Server 対するサポート引き続き提供するためにサポートされますがSQL Server 2000 ケージ移行する機能については次期リリースサポート廃止される可能性があります

非推奨となる DTS 機能DTS APIケージ移行ウィザード (DTS ケージ次期バージョン SQL Server 用に移行する)SQL Server Management Studio おける DTS ケージメンテナンス機能サポートDTS 2000 ケージ実行タスクなどがあります

http://msdn.micr…

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> SQL Server 2005(Microsoft) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11027'> サイバーキャンパス「鷹山」 <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2175'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2175 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-20">2019-6-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2175

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.