HOME 教育状況公表 本日
⇒#1843@講義;

  電気化学発展の歴史

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 エネルギー変換化学 の単元です。 この講義(電気化学発展の歴史)の親単元は 化学エネルギーから電気エネルギー(鉛蓄電池、リチウムイオン二次電池) です。

初版
電気化学発展の歴史

1791ガルバーニが異種金属間の電気発見
1800史上初!0.6ボルタ電池登場!
1836ついに出た!1.1V新型ダニエル電池1)ダニエル電池2)
1859なんと充電可!Vの鉛蓄電池登場!
1865液がこぼれない!1.5Vの乾電池出現

なんと水ナシ乾電池
ルクランシェ酸化マンガンと炭素の粉ゲルで練って合材とし亜鉛缶に紙多孔質ひいて隔膜セパレータした
200616度入学生寒天ゲル固めそこねろ紙多孔質にてこずった

物理量
電圧3)

1958有機電解液発見V級リチウム電池開発始動!
1991Vしかも充電可リチウムイオン次電池発売!

関連講義
お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,島津創業記念資料館4)
卒業研究-電気化学2004,ガルバーニ電池ボルタ電堆5)

関連書籍
電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる6)

特になし > 電池の起 > 電池の起 > 銀/塩化 > ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀/塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ダニエル電池,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1836).

ミュージ > 歴史(産 > 島津創業記念資料館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ガルバーニ電池とボルタ電堆,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1800).

(1特になし > 電池の起 > 電池の起 > 銀/塩化 > ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀/塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).
(2緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ダニエル電池,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1836).
(3電圧 V / V.
(4ミュージ > 歴史(産 > 島津創業記念資料館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).
(5緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ガルバーニ電池とボルタ電堆,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1800).
(6 > 電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, (2006).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 電気化学発展の歴史 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11129'> エネルギー変換化学 <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1843'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1843 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-21">2019-8-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1843

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.