HOME 教育状況公表 本日
⇒#1748@講義;

  物質のかすかな足跡を探し求めて~毒入りカレーの分析から遺跡の発掘調査まで~


この 講義 会員増強のための講演会 の単元です。 この講義(物質のかすかな足跡を探し求めて~毒入りカレーの分析から遺跡の発掘調査まで~)の親単元は (null) です。

初版
物質かすかな足跡探し求めて~毒入りカレー分析から遺跡の発掘調査まで~

蛍光X線分析

我が国の陶磁器史上いわゆる古谷伝世品の産地の決定は最大の問題のひとつであるといわれているからである焼き物は良い土陶石や粘土の総称産地でつくられる土の微量元素組成はその土地に特徴的であることから焼き物の胎土分析すればどこの土使ったかがわかるそこで放射使った高エネルギー蛍光X線分析より胎土の微量重元素組成調べることで谷焼と有田焼の産地識別できるかどうか試みた分析素性の明らかな資料として肥前有田広島県福山の姫谷の古窯出土磁器片用い伝世品調べた分析非破壊で微量重元素高感度に多元素同時分析できるエネルギー放射光蛍光X線分析もちいた測定世界最大の放射光施設SPring-8行い磁器片試料はアルミニウム製試料ホルダーセロテープ固定しその断面に116keVの放射光X線照射した貴重な伝世品も図ように非破壊で分析でき釉薬影響少ない糸底利用して分析した

プログラムアウトライン1)


プログラム&アウトライン,
立花 和宏, 会員増強のための講演会, 講義ノート, (2007).

(1プログラム&アウトライン,
立花 和宏, 会員増強のための講演会, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 物質のかすかな足跡を探し求めて~毒入りカレーの分析から遺跡の発掘調査まで~ </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11139'> 会員増強のための講演会 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1748'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1748 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-26">2019-8-26</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1748

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.