HOME 教育状況公表 本日
⇒#172@講義;

0006.  熱エネルギーから化学エネルギーへの変換


この 講義 無機工業化学II の単元です。 この講義(熱エネルギーから化学エネルギーへの変換)の親単元は エネルギー変換 です。

初版
熱エネルギーから化学エネルギーへの変換について説明します物質は加熱して反応させたり平衡移動させたりできます

化学ポテンシャル1)×物質量2)エントロピー3)×温度4)

熱エネルギー5)から
熱エネルギーから力学エネルギーへの変換6)
熱エネルギーから電気エネルギー変換7)
熱エネルギーから光エネルギーへの変換8)

化学エネルギー9)
電気エネルギーから化学エネルギーへの変換10)
エネルギーから化学エネルギーへの変換11)

関連講義電気化学の庵,温度エントロピー熱エネルギー12)

熱エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).

熱エネルギーから電気エネルギーへの変換,◆2004◆無機工業化学II
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).

熱エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).

電気エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).

光エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).

温度とエントロピー(熱エネルギー),物理量と単位
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

(1μ化学ポテンシャルChemical potentialジュール毎モル, (物理量).
(2n物質量amount of substanceモル, (物理量).
(3Sエントロピーentropyジュール毎ケルビン, (物理量).
(4T温度tempretureケルビン, (物理量).
(5Q熱エネルギーheatジュール, (物理量).
(6熱エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).
(7熱エネルギーから電気エネルギーへの変換,◆2004◆無機工業化学II
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).
(8熱エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).
(9G化学エネルギーchemical energyジュール, (物理量).
(10電気エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).
(11光エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏, 無機工業化学II, 講義ノート, (2008).
(12温度とエントロピー(熱エネルギー),物理量と単位
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 熱エネルギーから化学エネルギーへの変換 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11025'> 無機工業化学II <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=172'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=172 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-16">2019-9-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=172

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.