HOME 教育状況公表 本日
⇒#1186@講義;

  錯体の色


この 講義 応用化学演習II の単元です。 この講義(錯体の色)の親単元は 調査発表 です。

初版
1)

錯体
光の性質と色の見え方
栗子トンネルナトリウムランプ黄色となでら山のすそ野に咲き乱れる山吹の黄色は何か違いがあるのだろうか? カラーテレビどこまで色忠実に再現できるのだろうか? 電子顕微鏡写真カラーでないのはなぜだろうか? 絵の具に使われている顔料はどんな物質だろうか? 見分けることは化合物分類する第歩である電磁波して捕らえ色と波長の関係について解説する
補足説明古代壁画の色素仁科
分光化学系列 ~d-d遷移電荷移動遷移~
錯体美しい色持つものが多く自然界に彩り与えたり染料顔料利用されたりする原子分子色はどうやって決まるのだろうか? 蛍光ホタル光は同じだろうか? 電子電磁波相互作用から光の吸収について説明しd-d遷移や電荷移動遷移などの錯体着色メカニズムついて解説する
補足説明蛍光ホタル光?遠藤
赤外吸収スペクトル可視光吸収スペクトル紫外吸収スペクトル電磁波性質
物質電磁波当ててその特性調べる分光測定スペクトル求めると言うことは体どういうことだろうか? 星型まわりにある角は何? ツェルニーターナーマウント光学系の利点は? 回折格子使われ方は? 干渉計とは?フーリエ変換吸収スペクトル装置感度良いのはどうしてだろうか? X線遮蔽に鉛使うのはなぜか? 光のスペクトルから電子分光まで現在の機器分析の基礎になっているスペクトル考え方解説する
補足説明フーリエ変換スペクトル立花

(1無機化学II,化学系(Aコース),etc,(旧)工学部学科,山形大学
尾形 健明, シラバス, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 錯体の色 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=9232'> 応用化学演習II <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1186'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1186 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-27">2019-6-27</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1186

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.