🏠
🌡️ 📆 令和5年9月25日
⇒#1018@講義;

👨‍🏫   生物学史


電気化学の庵 では、 「 高校生物 」 の中で、 「生物学史」について 述べられています ⇒#1018@講義;。

📆 初版
#🗒️👨‍🏫アドレナリン#🗒️👨‍🏫実験#🗒️👨‍🏫発酵#🗒️👨‍🏫顕微鏡#🗒️👨‍🏫アルコール発酵#🗒️👨‍🏫乳酸発酵#🗒️👨‍🏫植物#🗒️👨‍🏫ワクチン

●16世紀1)
1543年、ヤンセン親子(蘭)がはじめて顕微鏡を作成。
1590年、ヤンセン(蘭)が顕微鏡を創製。

●17世紀2)
1628年、ハーベイ(英)血液の循環を実験で証明。実験医学の祖。
1665年、フック(英)細胞(コルク)の顕微鏡による発見と命名。
1674年、レーウェンフック(蘭)顕微鏡による微生物の観察。
1674年、レーウェンフック(蘭)ヒトの精子を発見。

●18世紀3)
1777年、ラボアジェ(仏)呼吸が燃焼と同じ現象であることを発見。
1780年、ガルバーニ(伊)カエルの筋肉の実験で、動物電気を発見。

●19世紀4)
1827年、カンドル(西)、高等植物の分類と器官学。
1828年、フォン・ベーア(独)ヒトの卵を発見。
1857年、パスツール(仏)乳酸発酵とアルコール発酵の研究。
1859年、ダーウィン(英)「種の起源」刊行。
1862年、パスツール(仏)微生物の偶然発生を否定。
1865年、メンデル(墺)遺伝の法則を発見。
1885年、パスツール(仏)炭素病と狂犬病のワクチンを発明。
1899年、ロイプ(米)ウニ卵を使って、人為的に単為発生に成功。

●20世紀5)
1900年、ド・フリース(蘭)メンデル遺伝の法則の再発見。
1901年、高峰譲吉(日)アドレナリンの抽出に成功6)。

1930s7)
1940s8)
1950s9)
1951年、シャルガフ(米)はDNAの塩基のモル数を調べ、アデニンとチミン、グアニンとシトシンのモル数がほぼ等しいことを明らかにした。
1958年、ハリス有機電解質。

1960s10)、人類月面到達。
1970s11)、家電機器の普及、リチウム電池。
1980s12)、コンピュータ、自動車の普及。
1990s13)、インターネット、携帯電話の普及。

国立科学博物館14)

15)16)

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘6世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘7世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘8世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘9世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼’0世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1900).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘930s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1930).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘940s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘950s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘960s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘970s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1970).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘980s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1980).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘990s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1990).

ミュージ > ç§‘学館( > å›½ç«‹ç§‘学博物館,科学館(自然科学系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

(1高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘6世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘7世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(3高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘8世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(4高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘9世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(5高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼’0世紀,世紀
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1900).
(6 > ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ãƒŠãƒªãƒ³ç™ºè¦‹ç‰©èªž
山嶋哲盛, 日本科学の先駆者 高峰譲吉 ―アドレナリン発見物語―, 岩波ジュニア新書, (2001).
(7高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘930s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1930).
(8高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘940s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(9高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘950s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(10高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘960s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(11高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘970s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1970).
(12高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘980s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1980).
(13高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ç¾ä»£ > ï¼‘990s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1990).
(14ミュージ > ç§‘学館( > å›½ç«‹ç§‘学博物館,科学館(自然科学系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(15 > ç”Ÿä½“の構成とエネルギー
鈴木孝仁, 視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録, 数研出版, (2000).
(16 > ä»£è¬ï¼å‹•ç‰©ç”Ÿç†å­¦ã€æ¤ç‰©ç”Ÿç†å­¦ã€ç”ŸåŒ–学、有機化学
実教出版, サイエンスビュー生物総合資料, 実教出版, (2006).

関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✏ 平常演習

✏ 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl1018' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1018'> ◇ </a> <a href=''> 生物学史 </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1018'> <q><cite> 生物学史 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1018'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1018 </a> ,  (参照 <time datetime="2023-9-25">2023-9-25</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1018

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.