⇒#1245

ゾル

流動持つコロイド溶液1)分散媒が気体あるときはエーロゾルと言いますコロイドより大きい粒子分散しているときは懸濁液と言いますゾル粒子表面には電気二重層ができます単細胞生物であるアメーバの運動は細胞質基質が部分的にゾルからゲルへ変換することによっておきます

関連書籍分散系の分類 2)
(1 > 液体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(2高分子と > 分散系の分類
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, アトキンス物理化学要論, 東京化学同人, (1998).