HOME 教育状況公表 本日

有機電解液中におけるアルミニウム陽極酸化皮膜に及ぼすリチウムイオンの影響

\
〔ログイン〕
Youzan

有機電解液中におけるアルミニウム陽極酸化皮膜に及ぼすリチウムイオン影響

結果と考察  1TEMA・BF4/PC+DME用い200Vで陽極酸化済みのアルミニウムに炭素およびLiMn2O4接触させた電極のサクリクボルタモグラム示す炭素接触よって電流が流れたLiMn2O4接触も若干電流が流れたが炭素の場合より小さく2V以下ではほとんど電流が流れなかったアジピンアンモニウム水溶液中ではさらに2V以上でもほとんど電流が流れないので有機溶媒中におけるH2Oの濃度が低いために圧着よる酸化皮膜欠陥部の修復が分でなく電解液分解起きると考えられるこのことは電解液の色の変化などからも見て取れる
2にLiBF4/PC+DME用いた場合の結果示すLiBF4/PC+DME電解液に用いた時は電位3V超えたところからノイズ生じ電解液観察したところ気泡生じていが皮膜破壊修復起きている可能性もあるしかし炭素とLiMn2O4接触よるアルミニウム酸化皮膜の導電性の変化はTEMA・BF4/PC+DME電解液場合と同様に見出されたこのようにアルミニウム酸化皮膜導電性リチウムイオン存在に関わらず有機電解液中でも異種接触界面によって変化するここ2V vs. Ag 5V vs. Li/Li+ 相当しリチウム電池おいて導電助剤として炭素添加しない正極はほとんど電流が流れないこと裏付け炭素機能単なる活物質間の電子伝導性の向上のみではないことが伺える


けいこ1)

平成11年度化学系学協会連合東北地方大会@福島県いわき市2)
1998平成10年度ノート3)



【学会】平成10年度化学系9学協会連合東北地方大会@福島県いわき市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

◆1998(平成10)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

(1炭素接触による金属陽極酸化皮膜修復の阻害機構
庄司 恵子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1999).
(2【学会】平成10年度化学系9学協会連合東北地方大会@福島県いわき市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(3◆1998(平成10)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@MeetingView.asp?nMeetingID=4

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.