HOME 教育状況公表 本日

リチウム電池におけるスラリー塗工状態がアルミニウム集電体表面の接

\
〔ログイン〕
Youzan

リチウム電池アルミニウム集電体合材スラリー塗工して電極箔としそれ捲回して製造するここアルミニウム集電体合材スラリー接触抵抗低減はリチウム電池急速充電に重要であるがスラリーの塗工状態と接触抵抗の関係は分に明らかにされているとは言えないそこで本研究では塗工量や塗工ムラがどのように接触抵抗に影響するか調べること目的とした素材料の種類変えても接触抵抗の低減に塗工方法が大きく影響することが分かったディプコート内部抵抗最も小さい


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@MeetingView.asp?nMeetingID=363

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.