HOME 教育状況公表 令和4年8月8日

炭素導電助剤分散用高分子化合物がリチウムイオン二次電池の劣化に及ぼす影響

\
〔ログイン〕
Youzan

学会本田小…らは2013年に京都教育文化センターで開催された第40回炭素材料学会において交流インピーダンス測定によるリチウムイオン次電池の合材スラリー分散安定性モニタリングついて報告している1)

材料分散剤2)

物理量分解電圧3)

プロ電流電圧曲線4)サイクリクボルタモグラム5)



交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング
本田千秋、小野寺伸也、伊藤知之、立花和宏、仁科辰夫,講演要旨集, p.136 (1).

(1交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング
本田千秋、小野寺伸也、伊藤知之、立花和宏、仁科辰夫,講演要旨集, p.136 (1).
(2@ >  > 界面活性 > 分散剤
分散剤, (材料).
(3分解電圧 V / V.
(4電流―電圧曲線,電流,電圧, (プロット).
(5サイクリックボルタモグラム,電位,電流, (プロット).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@MeetingView.asp?nMeetingID=353


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.