HOME 教育状況公表 本日

液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較

\
〔ログイン〕
Youzan

西 立花和宏仁科辰夫竹本博文大平則行液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較
※宇部興産株式会社

学会平成19年度 化学系学協会東北大会山形1)

関連講義
液晶表示素子の誘電率異方性2)
エネルギーデバイス内部の材料界面,エネルギーデバイスの構造と界面3)

関連発表
○楡木崇仁,…らは2007年に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された2007年電気化学秋季大会において顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察について報告している4)

学会化学学協会連合東北地方大会5)

特許出願2007239251液晶物性評価装置6)

関連講義卒業研究-電気化学2004,化学学協会連合東北地方大会7)



【学会】平成19年度 化学系学協会東北大会@山形
立花和宏, 研究ノート, (2007).

デバイス > 液晶表示素子の誘電率異方性,デバイス各論
立花 和宏,電気化学におけるインピー, 講義ノート, (2007).

エネルギ > エネルギーデバイスの構造と界面,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).

顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察
○楡木崇仁,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1【学会】平成19年度 化学系学協会東北大会@山形
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(2デバイス > 液晶表示素子の誘電率異方性,デバイス各論
立花 和宏,電気化学におけるインピー, 講義ノート, (2007).
(3エネルギ > エネルギーデバイスの構造と界面,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).
(4顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察
○楡木崇仁,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).
(5【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(6特許出願2007-239251:液晶物性評価装置
, 特許出願2007-239251, (2007).
(7結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@MeetingView.asp?nMeetingID=220

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.