HOME 教育状況公表 本日
⇒#970@講義;

  C1ラボラトリー@ジオシティサテライト

/amenity/~host/geocities/c1_laboratory/index.html

この 講義 サイバーキャンパス「鷹山」 の単元です。 この講義(C1ラボラトリー@ジオシティサテライト)の親単元は サテライトページ です。

初版
電気化学研究室ですSince 1941
http://www.geoci…

工学部ホスティングサービスじめる前に利用できるサーバーなかったためジオシティ無料サービス利用して始めたC講座1)ホームページです現在でも工学部のトサービス停電などでたびたび中断するので避難用にメンテナンスしています

ラボラトリー電気化学グループ2)
ラボラトリー工学部サテライト3)

工学部1989年まで応用化学科という学科があって略してC科と呼ばれていましたC科には当初第講座から第講座まであってそれぞれC~C呼ばれていました1967年にC1983年にC開設されて応用化学科は講座となりました1990年に応用化学科高分子材料工学高分子化学化学工学統合して物質工学科に改組され大講座制となりますが旧講座の名称はその後も使われ続けました

講座は工業物理化学特に電気化学講座として教育研究行ってきましたが19994)松木健教授が定年退職されたためそれまで松木研究室とよんでいた電気化学研究グループ教授がいなくなってしまい山形大学工学部電気化学研究グループそのままCラボラトリーして呼びならわすことにした経緯があります


1997~1999:松木・仁科研究室
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1C1ラボラトリー(電気化学グループ)研究室.
(2C1ラボラトリー(電気化学グループ)研究室.
(3複核、多核錯体キーワード.
(41997~1999:松木・仁科研究室
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> C1ラボラトリー@ジオシティサテライト </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11027'> サイバーキャンパス「鷹山」 <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=970'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=970 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-17">2019-9-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=970

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.