HOME 教育状況公表 本日
⇒#3172@講義;

  国産アルミニウム電解槽第一号@大町エネルギー博物館

立花 和宏
http://www.city.omachi.nagano.jp/ctg/00025102/00025102.html

この 講義 お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪ の単元です。 この講義(国産アルミニウム電解槽第一号@大町エネルギー博物館)の親単元は 大町エネルギー博物館 です。

初版

アルミニウム電解槽

このアルミニウム電解槽昭和電工大町工場に設置され1934昭和11国産初のアルミニウム生産したわが国最初の電解槽当時のままに実物大に再生したものです大町市はこの電解槽から生産されたアルミニウムによりアルミニウム発祥の地の栄誉永遠に記録されることになりました

 国産アルミニウム電解槽第一号@大町エネルギー博物館
©Copyright 2019  all rights reserved.

関連講義

無機工業化学,非鉄金属@無機工業化学1)

関連書籍

アルミニウムのおはなし目次

アルミニウムの歴史
アルミニウムの周辺
アルミニウムの特性
アルミニウムという材料製造方法
加工製品生産する加工技術
アルミニウムの最近の動向

出典:
アルミニウムのおはなし(目次)
(小林藤次郎. アルミニウムのおはなし. 日本規格協会, . ) 2)

金属セラミクス材料

金属非鉄金属

非鉄金属アルミニウム亜鉛シリコン

セラミクス

陶磁器ガラスセメントアルミナシリカ

高校数学でわかる半導体の原理目次

関連講義無機工業化学,半導体フォトリソグラフィー2008半導体とフォトリソグラフィー(2008)1)


半導体とフォトリソグラフィー(2008)

高校数学でわかる半導体の原理(目次)
(竹内淳. 高校数学でわかる半導体の原理. 講談社ブルーバックス, . )

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次1)
高校数学でわかる半導体の原理目次2)
導電性高分子のはなし目次3)
有機エレクトロニクス目次4)

化学種電子5)酸素空孔6)金属空孔7)正孔8)格子間金属9)格子間酸素10)
(1 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(2 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(3 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(4 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
(5電子e-, = 0 g/mol, (化学種).
(6酸素空孔Vo, = 0 g/mol, (化学種).
(7金属空孔VM, = 50.9415 g/mol, (化学種).
(8正孔+, = 1.00794 g/mol, (化学種).
(9格子間金属, = 0 g/mol, (化学種).
(10格子間酸素Oi, = 0 g/mol, (化学種).
電気伝導性の理論
(齋藤安俊・齋藤一弥. 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導. 内田老鶴圃, . )

導電性高分子のはなし目次

関連講義卒業研究-電気化学2004,導電性高分子1)
高分子半導体2)

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2 > 高分子半導体
三川礼,艸林成和編, 高分子半導体, 講談社, (1977).
導電性高分子のはなし(目次)
(吉野勝美. 導電性高分子のはなし. 日刊工業新聞社, . )

有機エレクトロニクス目次

材料HT1)

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次2)
高校数学でわかる半導体原理目次3)
電気伝導性の理論4)
導電性高分子のはなし目次5)
エレクトロニクスと電気化学6)
(1@ > 有機材料 > 高分子材 > 導電性高 > P3HT
P3HT, (材料).
(2 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(3 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(4 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(5 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(6 > エレクトロニクスと電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
有機エレクトロニクス(目次)
(長谷川悦雄. 有機エレクトロニクス. 工業調査会, . )

半導体ダイオードトランジスター
原子

電子の比電荷1)電気素量2)

関連講義
無機工業化学,半導体と印刷フォトリソグラフィー20103)
ピカッとさいえんす,イルミネーション半導体4)

関連書籍
核反応と核エネルギー5)
非直線抵抗6)
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次7)
高校数学でわかる半導体原理目次8)
電気伝導性の理論9)
導電性高分子のはなし目次10)
有機エレクトロニクス目次11)


無機工業 > 2010 > 半導体と印刷、フォトリソグラフィー(2010A),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).

四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

(1電子の比電荷( = 175882012000 [クーロン毎キログラム].
(2電気素量(elementary charge = 1.602176462E-19 [クーロン].
(3無機工業 > 2010 > 半導体と印刷、フォトリソグラフィー(2010A),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).
(4四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(5原子と原 > 核反応と核エネルギー
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(6電気と磁 > 非直線抵抗
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(7 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(8 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(9 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(10 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(11 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
原子と原子核
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. 数研出版, . )


鉄鋼@無機工業化学
酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学


出典:
無機薬品・材料化学
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.8. ) 1)

最新工業化学持続的社会に向けて目次

最新工業化学持続的社会に向けて目次

工業化学の新しい動向1)
無機薬品・材料化学2)
電気化学3)
石炭化学・炭素材料4)
石油精製・石油化学5)
高分子化学6)
有機ファインケミカルズ7)
生物化学8)
持続可能な社会づくり9)


出典:
最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 2)


出典:
金属・セラミックス材料
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.16. ) 3)

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花 和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3172'> <q><cite> 国産アルミニウム電解槽第一号@大町エネルギー博物館 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11105'> お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪ <a/a> 講義ノート, 2009.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3172'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3172 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-5-26">2020-5-26</time>). </article> </li>
<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3172

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.