HOME 教育状況公表 本日
⇒#2860@講義;

  リチウム電池の電極作成と電極/電解質の界面メカニズムと制御技術

http://www.gijutu.co.jp/doc/s_908262.htm

この 講義 リチウム電池の電極作成と電極/電解質の界面メカニズムと制御技術 の単元です。 この講義(リチウム電池の電極作成と電極/電解質の界面メカニズムと制御技術)の親単元は (null) です。

初版
リチウム電池の電極作成と電極電解質界面メカニズムと制御技術
90

主催技術情報協会
日時平成2126日(火) 11001630
会場[東京大井町] きゅりあん F 中会議室

.電池電極の構成要素1)
  正極負極
  電子絶縁体としての電池における電解質役割
  集電体活物質導電助材結着材電解液
  電極内部の界面電流経路   
  リチウムイオン次電池

.電極電解質2)
  溶媒誘電率電解質の溶解度3)4)
  溶媒の粘度5)
  カチオンアニオンの選択6)   
  電解質と溶液抵抗導電率
  電解質電位窓エネルギー         
  分解電圧過電圧7)

.電極構造の要素8)
  活物質電解質界面と電位プロファイル
  正極集電体の不働態化と電解液の電気分解9)
  正極集電体電解質界面における腐食と耐食性10)
  炭素導電助材電解質界面重層容量11)   
  組み電池とガス発生12)

.電極電解液界面にかかわる諸現象
  水分濃度13)        
  電極への浸透とパーコレーション
  結着材の存在14)      
  SEIとECM

関連講義卒業研究-電気化学2004,2009セミナー15)
16)



リチウム > はじめに(電池),リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2005).

リチウム > リチウム > 電極と電解質@リチウムイオン二次電池,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > 誘電率、粘度、溶解度(バルクの特性),測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

電極構造 > 第3講 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方・考え方,電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).

イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化
○渡邉貴太,立花和宏, 仁科辰夫,電気化学会第76回大会, (2009).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 電解質,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > 電流―電 > 分解電圧と過電圧,電流―電圧
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

リチウム > リチウム > 電極構造の要素と電解質,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > 集電体 > アルミニウム集電体,集電体
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|電解液,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

結果と考 > コッククロフト・ウォルトン回路,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 水分,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 招待講演 > 2009年セミナー,招待講演、セミナーなど
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

リチウム > リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

(1リチウム > はじめに(電池),リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2005).
(2リチウム > リチウム > 電極と電解質@リチウムイオン二次電池,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).
(3実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > 誘電率、粘度、溶解度(バルクの特性),測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(4電極構造 > 第3講 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方・考え方,電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).
(5イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化
○渡邉貴太,立花和宏, 仁科辰夫,電気化学会第76回大会, (2009).
(6実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 電解質,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(7実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > 電流―電 > 分解電圧と過電圧,電流―電圧
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(8リチウム > リチウム > 電極構造の要素と電解質,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).
(9実験方法 > 材料&試 > 集電体 > アルミニウム集電体,集電体
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(10結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(11結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|電解液,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(12結果と考 > コッククロフト・ウォルトン回路,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(13実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 水分,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(14実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(15結果と考 > 招待講演 > 2009年セミナー,招待講演、セミナーなど
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(16リチウム > リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> リチウム電池の電極作成と電極/電解質の界面メカニズムと制御技術 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11180'> リチウム電池の電極作成と電極/電解質の界面メカニズムと制御技術 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2860'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2860 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-7-21">2019-7-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2860

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.