HOME 教育状況公表 本日
⇒#2841@講義;

  電極内部の界面の構造設計と理解

http://www.rdsc.co.jp/seminar/090822.html

この 講義 電極内部の界面の構造設計と理解 の単元です。 この講義(電極内部の界面の構造設計と理解)の親単元は (null) です。

初版
電極内部の界面の構造設計と理解

主催R&D支援センター
会場きゅりあん 4F 2特別講習室 東京品川区
日時1300141070

電池は酸化剤正極活物質と還元剤負極活物質電子絶縁体電解液接続電子外部回路へ迂回させることでエネルギー取り出す様々な活物質に期待が高まる中実用化には実際の電極構造製造できるか否かが重要となる本講座では電池電極構造動作原理基礎見直すことで新たな活物質使いこなすための視点議論する

電池動作電池構造理解
リチウムイオン電池の起電力と内部抵抗
リチウムイオン電池の電位プロファイル
正極の構造と電気の流れ道
負極の構造と電気の流れ道

電極構成材料の担う役割
活物質集電体電解液1)
集電体と電解液2)
集電体と導電助材3)

電極作成における導電経路の形成
合材粒子間接触抵抗とバインダー4)
活物質の分散と活物質の表面特性
合材スラリーの乾燥過程の理解

関連講義リチウムイオン電池の高速充放電化と制御技術,電極スラリー調整と塗布乾燥プレス電池の高速充放電化5)

化学啓蒙および自己啓発活動6)

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 活物質| > 活物質|電解質、導電助材(3相界面),活物質|電解質(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|電解液(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

リチウム > 電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレスと電池の高速充放電化,リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).

(1結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 活物質| > 活物質|電解質、導電助材(3相界面),活物質|電解質(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(2結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|電解液(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(3結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(4実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(5リチウム > 電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレスと電池の高速充放電化,リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).
(6化学啓蒙および自己啓発活動に関する基金プロジェクト.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 電極内部の界面の構造設計と理解 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11181'> 電極内部の界面の構造設計と理解 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2841'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2841 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-7-24">2019-7-24</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2841

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.