HOME 教育状況公表 本日
⇒#1635@講義;

  高等学校学習指導要領(生物)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301d/990301f.htm

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(高等学校学習指導要領(生物))の親単元は 高校生物 です。

初版
1 目標
 生物生物現象ついての観察実験など行い自然対する関心や探究心高め生物学的に探究する能力と態度育てるとともに基本的な概念や原理法則理解させ科学的な自然観育成する

2 内容
1 生命連続性
 細胞生殖発生及び遺伝について観察実験など通して探究し生物体の成り立ちと種族の維持の仕組みについて理解させ生命連続性についての見方や考え方身に付けさせる
細胞
細胞機能構造
細胞増殖と生物体の構造
生殖発生
生殖細胞形成受精
発生その仕組み
遺伝
遺伝法則
遺伝子染色体
生命連続性に関する探究活動
2 環境生物反応
 環境生物反応間に見られる仕組み観察実験など通して探究し生物個体して外部環境の変化に対応して安定した内部環境維持したり成長器官分化調節したりすること理解させる
環境動物反応
体液とその恒常性
刺激受容と反応
環境植物反応
植物生活環境
植物反応調節
環境生物反応関する探究活動


高等学校学習指導要領
http://www.mext.…
●理科
http://www.mext.…

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> 高等学校学習指導要領(生物) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1635'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1635 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-16">2019-9-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1635

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.